不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



不動産を売るなら。不動産業者の種類やタイプ、選び方

不動産業者はインターネットで探してみると分かりますが、ひとつの地域だけでも多くの会社がありますし、主要な駅の駅前ビルにはたくさんの不動産業者がテナントに入っています。

ただ、細かく見ていくと一口に「不動産業者」と言っても、様々な種類があることが分かります。

不動産業者の種類

不動産業者は一般的に以下のタイプに分かれます。

  1. 不動産仲介業者
  2. 分譲・建売業者
  3. 買取業者
  4. 不動産投資ファンドなど

1. 不動産仲介業者

不動産仲介業者とは、みなさんが一番馴染みのある不動産業者になると思いますが、賃貸や売買を仲介してくれる業者になります。

賃貸の場合は、みなさんも経験があると思いますが、店舗に行けばいろんな賃貸物件を紹介してくれます。

その中から気に入った物件があれば、賃貸契約を結ぶことになりますが、実際に契約するのは、自分とマンションのオーナーになります。

不動産仲介業者は、あくまでも仲介しているだけの橋渡し役となります。

そして、その仕組みは売買の場合も同じです

不動産を売ろうと思ったら、通常は不動産仲介業者に依頼をして買い主を探してもらいます。

購入希望者が見つかると、その相手と売買契約を結ぶことになりますが、その段取りや手続き、広告などは仲介業者が責任を持って対応してくれます。

なお、不動産仲介業者には、「賃貸をメインで行っている会社」や「売買に力を入れている会社」、「投資用の収益物件に強い会社」、「店舗や事務所などの事業用物件に特化している会社」などがあります。

業者によって、戸建てやマンションの売却の実績が多いところとそうでないところがありますので、事前にホームページなどで確認されるとよいでしょう。

この点について不安な方は、「不動産の一括査定サイト」を利用すれば、最初から厳選された会社だけが登録されているので安心です。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

また、不動産売買の実績が多い仲介業者にも「全国規模の大手の不動産仲介業者」から「地元に根差した町の不動産屋さん」まで、幅広い規模の仲介業者が存在します。

全国規模の大手の不動産仲介業者

全国規模の大手の仲介業者は、そのネットワークを活かして不動産を買ってくれそうな見込み客を早く見つけてくれる可能性があります。

また、社内の管理体制も整っているため、スムーズに売却活動を進めてもらうことができます。

地元に根差した町の不動産屋さん

地域密着型のいわゆる「町の不動産屋さん」は、会社の規模では大手に負けますが、その地域に関しては大手の会社よりも深い知識を持ち、見込み客をすぐに探せるネットワークを築いている場合もあります。

広告やチラシの販売活動でも、その地域での売買経験では大手に引けを取らない業者も多いため、確かな知識と経験で効果の高い広告を出してくれることもあります。

また、地域に根差した不動産屋さんなら、大手には無いようなきめ細やかなサービスが期待でき、親身になって対応してくれる不動産屋さんも数多くあります。

会社の規模で善し悪しは判断できない

以上のとおり、大手だから良い、小さい不動産屋さんはダメということは決してありません。

不動産の売却では売買成立まで時間がかかります。
そのため、その不動産業者を信頼して任せられるかが重要ですので、会社の規模ではなく会社の対応や担当者の人柄、実績、販売戦略などを重視するようにしましょう。

2. 分譲・建売業者

マンションを建てて販売するマンションデベロッパーや宅地の分譲などを行う会社が、ここに該当します。

そのほか、大規模住宅団地を開発する会社や団地などに一戸建ての建物を建てて販売する建売業者などもあります。

このような業者は、売買の仲介を行う部署を別に持っている場合もありますが、直接この会社に出向いて売却を依頼するというところではありません。

ただ、建売業者などの場合は、仲介ではなく直接買い取ってくれる可能性はあります。

3. 買取業者

こちらは、不動産を直接買い取ってくれる会社になります。

仲介業者とどう違うかというと、仲介業者の場合は買い主を探すための作業になりますので、あくまで橋渡し役の仲介となります。

一方、買取業者の場合は、業者自らが買い主となり、不動産を直接購入してくれます。

買取業者は、その買い取った不動産をリフォームししてから販売するという流れです。

そのため、買い取ってくれた段階で売買が成立しますので、とてもスピーディーに売却することができますが、買取業者は再販を視野に買取を行うため、どうしても買取価格は安い金額となってしまいます。

ちなみに、買取業者に買い取ってもらう場合の価格は、通常の査定価格の70%ぐらいが目安となります。

なお、そのほかにも裁判所の競売物件を購入して再販することをメインにしている業者もあります。

4. 不動産投資ファンドなど

上記以外の不動産業者の種類としては、不動産投資ファンドや大規模な商業施設の開発・運営を行う会社などがあります。

このような会社は、資本力のあるとても大きな会社となりますが、マンションや戸建てを売却する場合には基本的に接点はありません。

業者選びは一括査定サイトがおすすめ

以上のとおり、不動産業者といってもそれぞれに得意分野があり、仲介業者だけでもかなりの数の会社があります。

その中から一番自分に合った会社を探すというのは、現実的に大変難しい作業となります。

そんななか、不動産の一括査定サイト」を利用すれば、最初から厳選された不動産業者だけが登録されていますので、自分でインターネットで会社を探したりタウンページで探すよりも安心です。

また、不動産業者選びは複数の会社から査定を受けることが大切ですが、「不動産の一括査定サイト」を利用すれば、一度の入力で複数の不動産業者に一括で査定を依頼できますので、スムーズに会社選びを行うことができます。

まずは、売却予定の不動産の価値を把握するためにも「不動産の一括査定サイト」をおすすめします。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。