おうちのミカタ 編集長

不動産会社の担当者の見極め方。その営業担当者は信頼できる?

家を売る際は通常、不動産会社に依頼します。

そして、不動産会社といってもいろいろな種類がありますが、家の売却では「不動産仲介業者」と媒介契約を結んで、購入希望者を探してもらう流れになります。

家の売却は普通の買い物とは流れが異なります。

家の売却では、まず仲介してもらうために不動産会社(不動産仲介業者)と契約を結ぶ必要があります。
それから広告や宣伝などで買主さんを探してもらい、買主が決まったところでその買主さんとの売買契約を仲介してもらうようになるため、不動産仲介業者の営業担当者さんとは一瞬のやり取りではなく、家が売れるまでの長めのお付き合いとなります。

そのため家を売る際は、仲介をしてもらう営業担当者さんが本当に信頼できるかどうか、きちんと見極めることがとても重要です。

会社のネームバリューに惑わされないように

普段から不動産会社とお付き合いのある人は少ないと思います。

そのため、どの不動産会社(不動産仲介業者)に依頼するか考えた時、まず思いつくのはテレビCMなどで名前を聞くような大手の会社を思い浮かべられると思います。

大手の不動産会社であれば支店も多く全国にネットワークがあり、購入希望者の情報も持っているかもしれません。
それに、購入希望者側も大手の不動産会社に相談に行く可能性がありますので、広域的に買主さんを探したい場合にはメリットもあります。

ただ、現在はインターネットで不動産情報を探せる環境が整っていますので、大手と小規模な不動産会社とで物件の情報収集力には違いが生まれにくくなっています。

営業マンのスキルや経験、人柄が重要

不動産の売却では会社のネームバリューよりも、担当してくれる営業の人のスキルや経験、人柄などの方が重要になりますので、ネームバリューだけにこだわらないようにすることが大切です。

もちろん大手の不動産会社であれば、研修制度などしっかり整っていて営業担当者全体のレベルが高かったり、マニュアルや手続きもしっかりしている場合が多くあります。

会社のネームバリューよりも、営業担当者さんが信頼できるかどうかを重視した方が良いでしょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

» 無料のおすすめ一括査定サイト「リビンマッチ」

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
東証マザーズ上場企業が運営する一括査定サイト

営業担当者さんの見極め方

  1. 小さな約束を守ってくれるかどうか。
  2. 知識と経験はしっかりあるか。
  3. 身だしなみやビジネススキルは問題ないか。
  4. 強引な言動はないか。

1. 小さな約束を守ってくれるかどうか

家を売るとなると、営業担当者さんと打ち合わせをしたり、電話で相談したりすることが増えてきます。

そんなとき例えば、「明日中に資料を送ります」と言っていたのに忘れられていたり、「やっておきますね!」と言われたのにしていなかったなど、小さな約束を守ってくれない営業担当者さんは気をつけましょう。

また、打ち合わせの時間を決めていたのに、遅刻されたりといった時間にルーズな担当者さんも要注意です。

家の売買というとても大きな取引では、細かな手続きもいろいろとあります。
また、購入希望者側に対しても同じような接し方をされてしまうと、決まる契約も決まらなくなってしまいます。

2. 知識と経験はしっかりあるか

不動産の売買では、様々な知識が求められます。

売主側もその都度、不安になったり質問したいことが増えてくると思いますので、営業担当者には宅建業法の知識だけでは十分ではなく、「残っているローンはどうするか」といったことや「税金はどうなるのか」といった金融や税金の知識も必要になります。

さらに、家の売却では実際の経験の豊かさも重要になります。

例えば、「想定していた期間を過ぎても買主が見つからない場合」など、経験の浅い営業担当者だと「やる気」だけをアピールされたり、値下げの相談ばかりをされる可能性もあります。

一方、知識と売却経験が備わっている営業担当者の場合は、別の宣伝方法を提案してくれたり、まだ行っていない広告を出そうと提案してくれる場合もあります。

そのため、営業担当者の知識と経験を確認することはとても大切です。

3. 身だしなみやビジネススキルは問題ないか

どの業界の営業マンにも言えることですが、清潔感はとても重要です。

打ち合わせの時に、担当者の身だしなみが気になるようだと、それだけで不信感にもつながっていきますし、仕事への取り組み方も信頼できなくなってしまいます。

また、ビジネススキルが備わっておらず話していて不快に感じたりメールの内容に違和感を感じる場合も要注意です。

4. 強引な言動はないか

不動産の取引は、ほとんどの人にとって人生で一番大きな金額の契約になると思います。

そのような重要な取引で、こちらの要望を聞き入れてもらえず強引に物事を進めようとする担当者がいた場合は、気をつけた方がよいでしょう。

売主のことよりも営業マン自身の成績を重視しているか、会社の売上の方を優先している可能性もあります。

また、質問に対していつも的外れな回答が返ってくる担当者も要注意です。

必ず、こちら(売主)の話をしっかり聞いてくれて、メリットだけでなくデメリットも正直に話してくれて、売主さんの立場にたった提案をしてくれる担当者さんにお任せするようにしましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 不動産会社の選び方 > 不動産会社の担当者の見極め方。その営業担当者は信頼できる?