マンションの外観
おうちのミカタ 編集長

家の売却や相場を知るならまずは査定から

不動産を買い換えたい時や相続した時、売却して資産整理をしたい時に、まず気になるのは不動産の価格相場だと思います。

戸建て住宅やマンションのチラシや広告などを普段から気にしてチェックしている方はある程度、不動産の相場も把握されているかもしれませんが、日常の生活では不動産の売買に触れる機会はほとんどありませんので、ご自身の不動産の相場がどれぐらいか把握されていない方がほとんどだと思います。

また、チラシや広告でよく目にする物件情報は、新築物件も多いため、中古物件の相場でない場合も多くあります。

それでは、不動産の相場を知るにはどのような方法があるのでしょうか?

インターネットで売り物件をチェックする

インターネットには不動産の売り物件が多数掲載されています。
各不動産会社のサイトをひとつずつチェックしても問題ありませんが、SUUMO(スーモ)やHOME’S(ホームズ)などのポータルサイトであれば、多数の不動産会社の物件情報をまとめてチェックすることが可能です。

また、例えばグーグルなどでご自身の不動産がある地域名と組み合わせて「中古マンション (地域名)」といったような検索をすれば、多くの近隣の売り物件を調べることができるようになります。

マンションを売却する場合

マンションの場合は、まずは同じマンションで売られている物件がないか調べましょう。

同じマンションで、さらに間取りや面積、方位、階層などがある程度同じ物件であれば、そこに掲載されている売却価格がご自身の物件の相場と考えてもほぼ問題ありません。

ただし、同じマンションでも間取りや面積が大きく異なる場合は、購入希望者の属性(新婚夫婦なのか、何人か子供がいる夫婦なのか)も変わってきますので、ご自身の物件の価格と大きく異なる可能性がありますし、高層階と1階でもマンション価格は異なりますので、それらについては注意が必要です。

また、不動産の売却に関しては、売主の事情によっても売り希望価格は変化します。

例えば、売り主がとにかくできるだけ早く不動産を手放したいと考えている場合は、相場よりもかなり安い金額で掲載されている場合もありますし、逆に、売り主がこの金額以下では売りたくないと考えていたり、最新の設備にリフォームしたからその金額も上乗せして売りたいと考えている場合には、相場よりも高い金額で掲載されている場合もあります。

もちろん長期に渡って売れない物件は、売り主と不動産仲介業者の判断で金額がどんどん安くなる場合もあります。

そのため、同じマンションで同じような物件が売りに出されている場合でも、何らかの事情によって相場と異なる売却価格が設定されている可能性も考慮する必要があります。

また、同じマンションで売り物件が見つからない場合は、できるだけ多くの点で類似性の高いマンションを参考にするようにしましょう。
最寄り駅も同じであることが望ましいです。

なお、多くの点で類似性がある物件であったとしても、マンションシリーズがブランド化していて人気のマンションとそうでないマンションでは、売れやすさが変わってきますので、価格の相場も異なります。

できるだけ類似性の高い物件の価格をチェックするようにして、あくまでも参考として捉えておくことが大切です。

一戸建てを売却する場合

一戸建ての場合、可能な限り物件同士の距離が離れていない物件を参考にするようにしましょう。

最寄り駅までの距離やスーパーまでの距離もある程度同じで、校区も一緒であれば、位置関係の点では類似性が高いといえます。

ただ、一戸建ての場合はマンション以上に個別性(物件ごとに大きな違い)があるため、価格を参考にする場合は注意が必要です。

例えば、築年数や間取りのほか水周りなどのリフォームの状態なども金額に大きく影響します。
また、駐車場の有無も価格に影響を与えます。

そのため、戸建ての場合は特に近隣にある物件価格をそのまま参考にできないため注意する必要があります。

売却の参考になる国土交通省の土地情報総合システム

国土交通省が運営している「土地情報総合システム http://www.land.mlit.go.jp/webland/ 」では、過去にあった実際の不動産取引を検索することが可能です。

土地や戸建て、中古マンションなどの取引が掲載されていますので、過去に近隣でどういった取引があったのか参考になるかと思います。

公開されている情報には、「土地の面積」や「建物の延床面積」「築年数」「建物の構造」のほか「前面道路の幅員」など様々な情報が掲載されています。

ただ、実際に取引があった不動産を特定できないかたちで公開されていますし、外観や内装などの写真もありませんので、その情報だけでは、どの不動産の売買かピンポイントで知ることはできません。

そのため、実際の不動産の雰囲気(老朽化の具合や外観・内装のデザイン性など)を知ることはできないため、ご自身の不動産と比較することも難しく、あくまでも参考程度になるかと思います。

不動産会社に依頼して査定価格を把握することが大切

以上のとおり、近隣の不動産情報をしっかりチェックすることで、ある程度の相場観を把握することは可能ですが、内装の状態なども価格に大きく影響しますので、ご自身の不動産の価格を判断するのは難しいといわざるをえません。

そこでオススメなのが、不動産会社に査定を依頼する方法です。

不動産会社の査定とは?

不動産会社は常日頃から様々な不動産を取り扱っていますので、自分で判断するよりも正確な査定価格を算出してくれます。

特に近隣での売買実績がある不動産会社やその地域の不動産の動向に詳しい会社であれば、より正確な価格を査定してもらうことが可能になります。

また、そのような会社であれば、実際に不動産を売却する際にも、より効果の高い売り方を提案してもらうことも可能です。

不動産会社の査定は基本的に無料

不動産会社に査定を依頼した場合、たいていの不動産会社は無料で対応してくれます。

もし気になる場合は、念のため事前に料金が発生するか問い合わせておけば安心です。

不動産の査定は、一括査定サイトがおすすめ

不動産会社に依頼といっても、ひとつずつ会社に査定を依頼するのは大変です。

そこでオススメなのが、不動産の一括査定サイトです。

一括査定サイトであれば、査定を依頼したい物件情報を入力するだけで、一度に複数の会社から査定価格を提示してもらうことができます。

入力の手間が省けるだけでなく、一度に多くの不動産会社から査定価格を提示してもらえるため、一番高い査定価格をつけてくれる会社を見つけることもできますし、誠実な対応をしてくれる担当者や会社を探すことも可能です。

もちろん一括査定サイトは無料で利用できます。

不動産の相場については、前述のとおり自分でも調べる方法はありますが、やはりプロの不動産会社の方に査定価格を出してもらった方が確実で安心といえます。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

不動産の売却。手付金や売却代金が支払われるタイミングは?

住み替えや転勤、相続税の支払い、資金調達などの理由で不動産を売却される方が多くいらっしゃいます。

そして、ほとんどの方が不動産が売れたらできるだけ早く現金を受け取りたいと思われていますが、不動産売買は一般の方には馴染みがない取引になるため、どのタイミングで売却代金や手付金を受け取ることができるか分からず、不安に思われている方も多くいらっしゃいます。

そこで、不動産を売却した場合の手付金や売却代金の支払いのタイミングなどについてご説明したいと思います。

手付金の受け取りについて

手付金の受け取りに関するタイミングや注意点は以下のとおりです。

手付金は売買契約を締結したタイミングで支払われる

売買契約を締結した段階で、購入者が売り主に支払う代金の一部を「手付金」といいます。

手付金は、売買契約を締結した段階で買主から売主に支払われます。

なお、この売買契約を締結した段階では、まだ不動産の引き渡しが残っていますので、まだ売却が完全に成立した状態ではありません。

ちなみに、この売買契約を締結してから購入者のローンの審査などが始まりますので、実際に不動産の引き渡しまでが完了するのは、売買契約から約1ヶ月~2ヶ月ほど後になります。

手付金は売買価格の1割~2割が相場

一般的に、手付金は売買価格の1割~2割が相場となっています。

ただ、手付金の金額は法律で決まっているわけではありませんので、売り主と買い主が納得いく金額で大丈夫です。

手付金は銀行振込で支払われるのが一般的

手付金などの支払いは、銀行振込が一般的です。

特に支払い方法に決まりがあるわけではありませんが、不動産の取引は金額が大きいため「銀行振込」が一般的となっています。

売主が契約を解除する場合

売主が何らかの事情で契約を解除したいと思った場合は、買主から支払われた手付金の2倍の金額を買主に支払うことで契約を解除することができます。

ちなみに、買主が契約を解除する場合は、支払った手付金を放棄するだけで契約解除が可能です。

次に、売却代金の受け取りについてご説明します。

売却代金の受け取りについて

売却代金の受け取りに関するタイミングや注意点は以下のとおりです。

売却代金は不動産の引き渡しをするタイミングで支払われる

売却代金は手付金を除いた残りの金額となります。

売却代金の受け取りは、不動産の引き渡しをするタイミングとなります。

つまり、ほぼ全ての売買に関する作業が完了する段階が受け取りのタイミングとなります。

ちなみに、売買契約を締結してから不動産の引き渡しまでは、だいたい1ヶ月~2ヶ月ぐらいはかかると考えておいた方がよいでしょう。

そのため、手付金を受け取ってから1ヶ月~2ヶ月後に残金の売却代金を受け取ることができる流れになります。

売却を検討してから不動産の引き渡しが完了するまでの期間

物件によって差はありますが、売却を検討してから実際に売買が成立し不動産の引き渡しが完了するまでの期間は、約2ヶ月半~6ヶ月となります。

つまり、売却代金の全額を受け取ることができるのは、売却を検討してから3ヶ月~6ヶ月後ぐらいが目安となります。

売却代金は銀行振込で支払われるのが一般的

売却代金などの支払いは、銀行振込が一般的です。

特に支払い方法に決まりがあるわけではありませんが、不動産の取引は金額が大きいため「銀行振込」が一般的となっています。

査定を依頼してからがスタート

不動産を売却する場合、まずは不動産会社に査定を依頼する必要があります。

そして、不動産の査定では、会社ごとに査定基準が異なりますので、一社の査定価格だけで判断せず、できるだけ複数の不動産会社から査定を受けることが大切です。

そこでオススメなのが「不動産の一括査定サイト」です。

不動産の一括査定サイト」は、無料で複数の不動産業者に査定を依頼することができますので、不動産会社選びをスピーディーに進めたい人には特におすすめです。

また、複数の不動産会社から査定を受けることで、会社ごとの特色や雰囲気も把握することができます。

まずは、一括査定サイトで不動産会社選びをするところから始めてみましょう。

» 無料のおすすめ一括査定サイト「リビンマッチ」

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
東証マザーズ上場企業が運営する一括査定サイト