不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



「高すぎる査定価格」と「安すぎる査定価格」の不動産業者は要注意

不動産の査定を依頼すれば、売却したい不動産の価格の相場を確認することができます。

査定価格は、あくまでも客観的に物件を査定した価格というだけですので、実際に売却できる価格とは異なります。
それでも、売却に向けてどれぐらいの価格で売ることができるか把握することが可能になります。

ただ、査定価格の精度は、不動産業者の営業マンの経験やスキルに左右されますし、さらに、何らかの思惑がある可能性もあるため注意が必要です。

査定価格で注意するのは以下の2種類です。

  1. 高すぎる査定価格
  2. 安すぎる査定価格

高すぎる査定価格がダメな理由

不動産の売買では、売主と仲介の契約(媒介契約)を結ぶことで、売却時に仲介手数料を受け取ることができます。

不動産仲介業者は、この仲介手数料を受け取ることで売上につながりますので、なんとしても仲介の契約を結びたいと考えます。

そこで、不動産の査定を依頼された場合、実際には売却できないような高い金額で査定価格を提示してくる会社が残念ながら存在します。

不動産を売りたいと考えている売主は、複数の不動産業者に査定を依頼してみて、一番高い査定価格を出してくれた会社に仲介をお願いしたいと考える場合も多いため、不動産業者によっては、できるだけ高い査定価格を出してしまうわけです。

実際にその価格で売れることはない

そして、かなり高い査定価格を出してきた不動産業者に実際に売却を依頼しても、その価格で売れることはほとんどありません。

相場とかけ離れて高い金額で売ろうとしても買主は現れないからです。

そこで、次にその不動産業者が行うことは、「値下げの相談」です。

しばらく売れない状態が続いた段階で、不動産業者から「なかなか買い手が現れないので値下げするしかありません。」と言ってくるようになります。

結局、最初の高い査定価格ではなく、かなり値下げした金額で売却することになってしまいます。

このように、不動産業者は査定価格で絶対に売却を成功させないといけないという責任がないため、売主と仲介の契約を結びたいためだけに、かなり高い査定価格を出してくることがあります。

そのため、高すぎる査定価格は要注意です。

安すぎる査定価格がダメな理由

また、安すぎる査定価格も注意しないといけません。

その査定価格が安すぎるのかどうかを判断するのは、不動産の相場を知らないと難しいと思いますが、後半でご案内する「不動産の一括査定サイト」を利用すれば、その価格が安すぎるのか、それとも適正なのかを判断することが可能になります。

不動産業者の営業トークに注意

よくあるパターンですが、不動産業者から「もし買主が現れなかった場合は、責任をもって査定価格で買い取ります。」と言われる場合があります。

この仕組み自体は問題ないのですが、不動産業者の中には、最初から買い取ることを想定して、かなり安い査定価格を出してくる会社が残念ながら存在します。

なぜ、そのようなことが起きるかというと、不動産業者の中には、最初から仲介をするのではなく、買い取って転売することを目的にしている会社があるからです。

このような会社は、仲介手数料の利益ではなく、転売することで得られる利益の方を狙っています。

転売で利益を大きくするためには、最初の買取価格、つまり査定価格が安ければ安いほど、転売した時の利益が大きくなります。

もし万が一、このような不動産業者に依頼してしまうと、売主は相場よりもかなり安い金額で売ってしまうことになります。

このようなことを考える不動産業者も存在するため、安すぎる査定価格は要注意です。

営業マンから「もし買主が現れなかった場合は、責任をもって査定価格で買い取ります。」と言われると、何だか安心してしまいますが、実は損をする可能性がありますので、その査定価格が適正な価格であるか「不動産の一括査定サイト」を利用してチェックする必要があります。

営業マンが相場を把握していない場合もある

不動産業者の査定が安すぎる場合、単に営業マンが相場を把握していない恐れがあります。

相場とかけ離れて安い査定価格を出す営業マンは、不動産売買の経験が少ないか、その地域の相場を把握していない可能性があります。

例えば、同じ地域のように見えても、その地域の中にとても人気のある小学校がある場合は、校区(学校区域)が変わるだけで、物件の人気も変わります。
人気の小学校がある校区の物件であれば、そうでない物件よりも売れやすくなります。

また、営業マンがその地域の過去の売買取引を収集して、きちんと査定をしていたとしても、その参考にした過去の取引自体が相場よりもかなり安いものだった場合には、正確な査定ができなくなります。

精度の高い査定を行うためには、その地域の実情に精通している必要がありますので、その地域での売却経験が少ない場合には、誤って安すぎる査定価格を出してしまう場合があります。

売買経験が少ない営業マンや、その地域の実情に詳しくない営業マンでは、実際に売却を依頼するにも不安がありますので、安すぎる査定価格は要注意です。


そこで、不動産業者に出してもらった査定価格が信頼できるのか、または安すぎたり、高すぎたりするのか、査定価格が適正かどうかをチェックする方法を次にご案内します。

どうすれば「高すぎる」か「安すぎる」か判断できるの?

査定価格が「高すぎる」か「安すぎる」かを判断するには、通常であれば不動産の相場を知っている必要がありますが、とても便利で簡単な方法があります。

それは、「不動産一括査定サイト」を利用することです。

不動産一括査定サイト」とは、無料で複数の不動産業者に一括で査定を依頼することができるサービスです。

複数の不動産業者から査定を受けることができますので、その価格の比較ができるようになります。

例えば、6社から査定価格を提出してもらったとして、だいたいどこも同じ金額なのに、1社だけが高すぎたり低すぎたりした場合は、その価格は参考にしないようにしましょう。

このように、「不動産一括査定サイト」を利用すれば、不動産の相場を知らなくても、複数の会社からの査定価格を確認することができますので、「高すぎる査定価格」や「安すぎる査定価格」をチェックすることが可能になります。

そして、複数の不動産会社がだいたい同じ査定価格を出している場合は、それが信頼できる査定価格だと判断することができます。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。