おうちのミカタ 編集長

売れ残り物件にならないために。不動産会社を選ぶときは事前準備が重要

ライフスタイルの変化で、住み替えの為にマンションを売却する方は多いと思います。
そこで、どこの不動産会社に依頼すれば良いのか、迷うことは珍しくありません。

そのような迷いを解決できるような記事を書いてみました。

不動産会社に相談する前に、是非読んでください。

不動産会社に相談する前に

マンションの売却を検討された時は、まず不動産会社に相談することを考えられるかと思います。
そこで始めに行うのが、マンションの査定です。

ですが、査定額は不動産会社によって様々です。
もし、一つの不動産会社に相談して、適正な査定額を提示されなかった場合は大変です。

不動産会社によっては、売却の依頼を受ける為、意図的に高い査定額を提示するところがあります。
「別に高くても良いのでは?」と思う方もいるかもしれません。

購入を検討されている方は、色々な物件をみて比較します。
同じ条件であれば、安い物件を選ぶのが当然です。

住み替えは、タイミングがとても重要です。
適正価格より高ければ、それだけ売却のタイミングを逃すことになります。

また、売却できない期間が長くなると「売れ残り物件」としてのレッテルを貼られてしまいます。

そのような事にならない為には、不動産会社の言葉を鵜呑みにしないことです。
自ら相場を知ることが、初めの事前準備です。

売出価格の確認

今はネットで、いくらでもマンションの売出情報が確認できます。
同じマンションが掲載されていることが望ましいですが、近隣の類似マンションでも問題ありません。

類似マンションと判断する大きなポイントは以下の点です。

  • 築年数
  • 戸数
  • 駅からの距離
  • 間取り
  • 大きさ

これ位で良いかと思います。
また、不動産会社も近隣の成約事例や売出事例で、大まかな査定額を決定しています。

そこから、お部屋の個別条件などで査定額を上下させていきます。
しかし個別条件による変化は小さく、皆さんは売出情報のチェックで十分です。

ここから、不動産会社を選ぶポイントを説明します。

良い不動産会社の選び方

何でも言えることですが、良し悪しの判断には、必ず比較対象が必要です。
不動産会社を選ぶときも、必ず複数の不動産会社に相談してください。

今なら「マンション一括査定サイト」を利用して、複数の不動産会社に手軽に相談できます。
簡単な情報の入力で、複数の不動産会社から、すぐに連絡があると思います。

その後は、お部屋を見てもらうことになりますので、お部屋はいつもより奇麗にしておいてください
後日、複数の不動産会社から、査定報告があります。

冒頭でもご説明しましたが、査定価格は不動産会社によってバラバラです。
しかし、事前に売出事例を確認していれば、おかしな金額はすぐに分かると思います。

ここで、高すぎる査定額を提示しているところは、丁寧にお断りの連絡をしてあげて下さい。
そこからは、査定価格の決定理由を各不動産会社に聞くことになります。

ここで、不動産会社の担当者のレベルが確認できます。
参考にした売出事例や成約事例を選んだ理由、市場動向やお客様の事情を加味した具体的な説明が出来ているかです。

ここで手を抜く不動産会社はお断りしましょう。
住み替えでは事情により売却のペースも変わってきます。

もし売り急ぐ必要があれば、相場よりも下げて売却することも考えなければなりません。
そのような状況も含め、総合的に判断できているかが不動産会社を選ぶポイントです。

また、同じ不動産会社でも担当者によってレベルが違いますが、それはお話している内に分かると思います。

しかし、不動産会社の情報量については、担当者の経験でも埋めることが難しいです。

不動産会社の情報量とは

不動産会社の情報量とは、単なる売出事例や成約事例の情報量ではありません。
これなら、どこの不動産会社でも確認できますし、今なら一般の方でも確認できます。

大事なのは、公に公開されていない情報量です。
もし、地元の不動産会社があれば、近隣エリアに絞った場合、大手の不動産会社に勝る情報量を持っていることが多いです。

それは、地元に絞った市場動向の把握や、独自の人脈の多さです。
また、近隣のマンションの成約に関わったことも多いと思います。

成約事例では、売却時のお客様の状況までは分かりません。
その事例が、売り急いで売却した事例であれば、相場とは違います。

そのような情報を把握しているのが、地元の不動産会社の強みです。
ただし、大手の不動産会社より、担当者のレベルに差がつきやすい傾向があります。

地元の不動産会社があるかといって、安易に決めないでください。
大手の不動産会社の方が、ルールがしっかりしていますので、トラブルになりづらいとも言えます。

まとめ

良い不動産会社を選ぶポイントは、自ら知識を得てスタートすることです。
おかしなことを言っていないか、ある程度の把握ができる知識が必要です。

担当者もお客様によって対応が変わることがあります。
知識を持っているお客様と、持っていないお客様で、言うことも変わることがあります。

これは、不動産の取引に限らないお話だと思います。
説明で疑問に思ったことは、遠慮せずに質問していきましょう。

不動産会社の担当者と一緒に考えていくという意識が、担当者の対応にも影響を与えます。
不動産は大きな取引の為、慎重に事を進めていきましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 不動産会社の選び方 > 売れ残り物件にならないために。不動産会社を選ぶときは事前準備が重要