おうちのミカタ 編集長

不動産を売るためにかかる費用や売却時によく悩むケースをまとめてみました

不動産の売却には、知っておくべきことが多くあります。
この記事では、不動産売却にかかる費用やよく悩むケースをまとめました。

不動産の売却にかかる費用

不動産の売却では、以下のような費用が発生します。

仲介手数料

不動産の売却は不動産仲介会社に依頼することが一般的です。
契約を締結すると当然報酬が発生します。

ただし報酬には法律で上限が決められています。
また、上限いっぱいまで請求されることがほとんどです。

不動産会社で仲介手数料に差はあまりありません。
売買価格が400万円以下の場合は計算方法が異なりますが、400万円を超える場合は以下の方法で簡単に算出できます。

  • 仲介手数料=売買価格×3%+6万円

印紙税

不動産を売却するには売買契約書を作成し、収入印紙を貼付します。
印紙代は契約金額によって変わりますので、事前に不動産会社の担当者さんに質問されるとよいでしょう。

住宅ローンの一括返済

不動産を売却するには、住宅ローンを完済する必要があります。
一般的には売却資金で返済し、足りなければ自己資金でまかないます。

抵当権の抹消登記

不動産の住宅ローンを完済すれば、抵当権を抹消できます。

  • 「抵当権」とは、住宅ローンが返済できなくなった時の為の担保です。返済出来なくなった時は、競売に掛けられます。

抵当権の付いてる不動産を購入する人はいない為、必ず売却前に抹消手続きが必要です。
抵当権の抹消費用は、不動産一つにつき「1000円」です。

固定資産税負担金

  • 「固定資産税」は、毎年1月1日時点で不動産を所有する人に発生する税金です。

これは売主側に納税義務があるため、売却時点で納税額の負担分を清算します。

引っ越し費用

引っ越し費用は、荷物の多さや移動距離、繁忙時期により変わってきます。
4人のファミリー世帯で移動距離15キロ以上、また繁忙時期であれば10万円を超えることがあります。

その他諸費用

他にも、状況によって掛かる費用もあります。

  • ハウスクリーニング費用
  • リフォーム費用
  • 測量費用

築年数が古ければ、ハウスクリーニングをして売却することもあります。
シンク回りやトイレは内覧でよく見られるところなので、特に綺麗にしておきましょう。

家の広さによって費用は異なりますが、10万円を超えることもあります。
場合によってはリフォームをすることもあります。

しかし、リフォームは必ずしも買主にとって必要とは限らない為、よく検討して進めて下さい。
こちらも広さや補修箇所によって料金は変わりますが、やはり数十万円掛かってきます。

土地であれば、境界を確定するために測量費用が掛かります。
一般的に数十万円掛かります。

不動産の売却で悩むケース

不動産仲介と買取

冒頭では、不動産の売却は仲介が一般的とお話しましたが、他にも不動産会社による「買取」もあります。
買取も選ぶ場合はメリットもありますが、デメリットもあります。

買取のメリット

  • 仲介手数料なし
  • 短期間で売却
  • 契約不適合責任の免除

買取のデメリット

  • 市場価格の70%程度で売却
  • 不動産会社で買い取り出来ない場合もある

買取は状況によっては有用ですが、売却価格が下がることが大きなデメリットです。
買取を利用するかについては、不動産会社によく相談して決めて下さい。

住宅ローンの残債が出る場合の売却

住宅を売却した際には、売却資金で住宅ローンを返済することが一般的です。
残債が出る場合は自己資金で支払いますが、それでも完済できない場合は「買い替えローン」があります。

  • 買い替えローンとは、住宅を売却しても住宅ローンの残債が出る場合に、残債分を含めて新居の購入資金を借り入れるサービスです。

買い替えローンを利用すれば住宅ローンを完済できなくても住み替えが出来ますが、借入額がその分大きくなります。
不動産会社によく相談して、今後の生活に支障がないか資金計画をよく立てて下さい。

相続した不動産の売却

近年、相続した不動産の相談が増えています。
不動産をそのまま財産分割することは難しい為、現金にすることがよくあります。

とくに財産分割をする必要がなければ、そのまま住むこともあれば賃貸に出すこともできます。
しかし賃貸に出す場合は気を付けて下さい。

賃貸に出せば投資用となる為、今後売却に出した時に「居住用財産を譲渡した場合の3000万円の特別控除の特例」が受けられなくなる可能性があります。
賃貸に出す場合は、税理士などの専門家によく相談して決めて下さい。

最後に

この記事では、不動産の売却にかかる費用や、よく相談を受けるケースについて書いてきました。
実際に不動産の売却に動く場合は、信頼できる不動産会社によく相談して進めて下さい。

売却を依頼する場合は「不動産一括査定サイト」を利用して、まずは複数の不動産会社に査定を依頼することから始めて下さい。

また、相続などのより専門的な話が絡む場合は、弁護士や税理士に相談することをお勧めします。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の売却・査定のポイント > 不動産を売るためにかかる費用や売却時によく悩むケースをまとめてみました