おうちのミカタ 編集長

不動産会社が提示した査定価格で実際に売れるわけではない。その理由は?

持ち家のある人は、定期的に知り合いの不動産会社などにお願いして資産価値を査定してもらう方もいますが、多くの人が査定価格を気にし始めるのは、やはり家を売却するタイミングになります。

普段、自分の家の資産価値を意識していない人はどれぐらいの価格になるのか見当もつかないと思います。

不動産の価格は、家の購入時にはいろいろリサーチしたりするものですが、持ち家に住むようになるとほとんど気にしない人がほとんどです。

そこで、いざ家を売ろうとなった時にまず把握する必要があるのが、持ち家の査定価格になります。

査定価格は不動産会社によってバラバラ

家を売る時は最初から一社の不動産会社に決めずに、まずは複数の不動産会社に査定を依頼することをおすすめします。

不動産会社に初めて査定を依頼する時は不安になったり緊張する人もいるかもしれませんが、それについては心配無用です。
査定を依頼してしばらくすれば、きちんと査定価格とその根拠を教えてくれるでしょう。

査定を依頼するのが初めてだと、不動産会社によって査定価格がバラバラなことに困惑するかもしれませんが、それはぜんぜん問題ないので心配しなくて大丈夫です。

不動産会社によって査定の根拠が違う

なぜ不動産会社によって査定価格がバラバラになるかというと、不動産会社によって査定の根拠となるデータが異なるからです。

その主なデータとしては、例えば売主さんの家の近くの売買データなどになります。

査定価格の根拠には、こうした売主さんの家の近くで同じような物件が売れたデータを参考にしたりします。

また、その参考にする物件との比較を行って査定するのですが、その比較する内容も不動産会社によって異なってきます。

なので、不動産会社によってによって査定価格がバラバラになるのは自然なことなので、その点については気にしなくて大丈夫です。

査定価格と実際に売れる価格は一致しない

売主さんが気をつけておかないといけないのは、査定価格は実際に売れる価格ではないということです。

不動産の売買に慣れていないと、査定価格で売ってもらえると勘違いしてしまう方もいらっしゃいますが、査定価格はあくまでも査定価格で、実際に売れる価格はもっと高い場合もありますし、低い場合もあります。

査定価格と売却価格が一致しない理由

それでは、査定価格よりも実際に売れる金額の方が高かったり低かったりする場合があるかというと、不動産の売買には以下のような事情やタイミングが存在するからです。

  • 売主さんの事情(早く売りたい、など)
  • 買主さんの事情(もっと安くしてほしい、など)
  • 買主さんが現れるタイミング

査定価格は、あくまでも純粋に不動産の価格を査定したものですが、実際の売買では、売主さんにも買主さんにも事情があることが大半ですし、そもそも買主さんが現れないと売却することはできません。

例えば、もし売主さんが「とにかく早く売りたい!」と思っている場合は、少し安くしておいた方が売りやすくなりますし、半年経っても売れない場合には「金額を下げて売った方がいいかな」といった状況になります。

逆に、例えば、買主さんがどうしても売主さんの物件を購入したいという強い気持ちがある場合には、標準的な価格より少々高くても買いたいと思ってもらえるようになります。

その場合は、査定価格よりも高い価格で売買が成立することもあり得るでしょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

» 無料のおすすめ一括査定サイト「リビンマッチ」

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
東証マザーズ上場企業が運営する一括査定サイト

大切なのは査定価格の根拠と売却の方法を聞くこと

査定価格は、売却に向けての参考価格になります。

その査定価格も重要ですが、特に重要なのは「査定価格の根拠」と「売却の方法」になります。

そのため、不動産会社の担当者さんから査定価格を出してもらった際には、この2つをきちんと聞くようにしましょう。

特に「売却の方法」は、実際にその不動産会社に売却を依頼した際に行われる施策になりますので、不動産会社の方がしっかり考えてくれているかの確認にもなります。

営業担当者の知識や経験も確認できる

売却の方法を質問することで、その不動産会社の担当者さんの知識量や経験の度合いも確認することができます。

もし「必ず売ってみせます!」といった気合いだけを見せてくる担当者さんは要注意です。

筋道をたてて、きちんと売却に向けた戦略とその流れを説明できる人に依頼するようにしましょう。

すぐに売れなかった場合の対策も確認しましょう

家がすぐに売却できればありがたいのですが、買主さんがなかなか現れないタイミングや少し特殊な物件の場合は、すぐに売れないケースも出てきます。

そういった時のために、「もし想定以上に売れるまでに時間がかかった場合はどういう対策があるか?」といったことも確認しておくことで、安心にもつながりますし、担当者さんの実力も確認できます。

もし「一生懸命がんばります!」といった抽象的な話しかしてもらえない場合には、経験の浅い担当者さんであったり、売買についてあまり詳しくない担当者さんなのかもしれません。

家の売却を依頼する場合は、筋道を立てて論理的に売却に向けての方法を説明してくれる担当者さんを選ぶようにしましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 不動産会社の選び方 > 不動産会社が提示した査定価格で実際に売れるわけではない。その理由は?