【体験談】40年住んだ一軒家を売却して新築一戸建てに住み替え

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

家族構成と住み替えの動機

家族4人暮らしで、子供は11歳の息子と12歳の娘がいます。
売却した一戸建ては、結婚を機に、生前贈与で譲り受けたものです。

両親は近くに引っ越した為、それから私たち夫婦だけで暮らすことになりました。
やがて子供も大きくなり、そろそろ個別の部屋を与えてあげたい思いました。

しかし、建物は小さく、個別の部屋を与えるのは厳しい現状でした。

部屋の数は問題ないですが、収納スペースにゆとりがない為、1つの部屋は完全に物置です。片付けるとしても、移す場所もありませんでした。

また、40年住んだ建物は、かなり年期が入っています。
しかも40年前に建てられた建物は、新基準前の旧耐震基準で建てられています。

特に気にはしていませんでしたが、東日本大震災から不安を感じるようになりました。
震災で建物にヒビが入ることはありませんでしたが、妻と子供を守る為に、いつかは引っ越したいと考えていました。

それから、長年住んだ一戸建ての売却を決意した私は、家族、両親の承諾を得て、動き出すことになりました。

一戸建ての住み替え依頼

初めての不動産の住み替えですが、今はネットで色々調べられます。
不動産会社に相談する前に、少し自分で調べました。

ネットの検索で気付いたことは、結局、良い担当がつくかにかかっているみたいです。
運次第かと思いましたが、大手の方が失敗は少ないみたいです。

私はまず、近くの大手不動産会社に足を運びました。
店に入ると、ベテランを感じさせる男性が対応されました。

住み替えについて話すと「それでは査定から始めましょう」とのことで、その日のうちに部屋を見て頂き、査定依頼をだしました。

他にも、続けて2社の不動産会社にも査定依頼を出しました。
もちろん、他の2社にも部屋を見て頂きました。

後日、3社から査定報告がありました。
査定価格については、ほとんど差がありませんでした。

そして、初めは3社全部と「媒介契約」を結ぶつもりでしたが、私は1社の大手に絞り契約をしました。
理由としては、その1社の担当が、明らかに他の担当と違ったからです。

契約した不動産会社は、私が初めに訪れた先でした。
ベテランを感じさせる見た目だけでなく、知識・経験も目を見張るものがありました。

また、近隣の不動産動向についても、かなり詳しかったです。
私は迷わず、こちらで「専任媒介契約」を結んだのです。

売却した一戸建ての概要

  • 所在地:埼玉県
  • 土地面積:約100㎡
  • 建物面積:約70㎡
  • 築年数:40年
  • 間取り:木造2階建ての3LDK

駅まで徒歩20分、近隣にスーパーと薬局が一店舗ずつあります。
閑静な住宅街で、近くの公園では、子供の遊ぶ場として大変お世話になりました。

一戸建ての売出しを開始

一戸建ての売出しを開始しました。
初めは、内見の連絡が全くないので不安でしたが、1ヶ月を過ぎた頃に連絡がありました。

我が家はモノが多く、片付けは大変苦労しました。
一つの部屋は、完全に物置部屋にしていた位ですから。

少しでも奇麗に見えるようにして、内見者を迎えました。
初の内見者で気合を入れましたが、拍子抜けするくらいに、すぐ帰られました。

正直、目新しい物もないので、そんなに質問することもなかったのでしょう。
それから内見者は一人も現れずに2ヶ月が経ち「媒介契約」の更新月になりました。

結果はでませんでしたが、私は担当に不満は感じていませんでした。
これまで、インターネットや電話での問い合わせ状況やチラシ掲載の報告、また質問に対する返信のスピードなど、行動から本気で動いていることが良く伝わりました。

私は迷わず「専任媒介契約」続けました。
しかし、住み替え先の購入を先にしなくて良かったです。

急ぎの売却ではないですが、私は先に購入しても良いかと考えてました。
考えが浅く、すぐに売却できるものだと軽く思っていました。

初めから妻は「売却がすぐにできるとは限らないから、今後の生活の為にも、ローンと賃貸を二重で支払うような無駄な出費はやめようね。」と言ってましました。
本当に妻の言ってた通りにして良かったです。

会社での給料は妻に管理してもらってるので、家の経済状況は妻が一番よく分かっています。
私は、早く子供に部屋を与えて、喜ぶ顔が見たいという気持ちに、引っ張られていました。

ただ、住み替え先の情報提供は定期的に受けていました。
売却に進展があれば、内見もしていきます。

久しぶりに内見の問い合わせ

一戸建てを売りに出して半年が経ち、そろそろ値下げをしようかと考えているときでした。
久しぶりに内見の連絡がありました。

やっとチャンスが巡ってきたのです。
今回内見された方は前回と違い、細かくお部屋について聞いてくれました。

私たちは、正直に良いところ悪いところを話していきました。
1時間ぐらい経ったとき、内見者は満足した顔で帰っていきました。

そして同日夜、購入の申し込みが入りました。
値下げの希望があり、もともと価格を下げる予定だったので、数十万円ですが値下げに応じました。

お互いに価格で合意が得られ、無事に売却が決定しました。
それからは、一気に住み替え先探しです。

住み替え先探しから契約まで

住み替え先については、もう目星は付いていました。
その為、興味のある一戸建て全ての内見を済ませ、購入するマンションはすぐに決まりました。

今度は私たちの値下げ交渉です。
担当が上手に話を進めて頂いたのか、値下げにもすぐ応じてくれました。
その後は、住宅ローンの申し込みで承認を得られ、契約、決済、引き渡しもスムーズに進みました。

こういう時にベテランの担当だとすごく助かります。
事前に、私たちが迷いそうなことも伝えて頂き、準備するものやスケジュールも一覧表にして渡してくれました。

契約時も慣れた手つきで進行していき、見ていて「凄いな」と思いました。
私の友達が住み替えをしたときは、「契約時に買い手が遅れて、始まってもグダグダな感じで余計に疲れた」と言ってました。

私たちは恵まれていたかもしれません。
売却期間が長かった為か、その後はとても早く感じました。

本当に、売却が決まらない時にでも、担当を信じてよかったです。
売れない時は売れないし、売れるときは売れるものだと、素人ながら思いました。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(家の売却・査定) > 【体験談】40年住んだ一軒家を売却して新築一戸建てに住み替え