不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



土地の売却の流れ。必要書類の準備から売買代金の支払い・引き渡しまで

空き地のままになっている土地を相続したり、とても古い家が建っている状態の土地を所有している場合、その土地を今後も使う予定がない場合は売却を検討される方も多いと思います。

土地の売買は大きな金額で取引されるため、スムーズに売買を成立させるには、事前準備や不動産会社選びなどをしっかり行う必要があります。

そこで、土地の売却の流れやそのポイント・注意点などについてご説明します。

土地を売却する際の流れ

土地を売却する際の流れは以下のとおりです。

  1. 必要な書類の準備
  2. 不動産業者を選ぶ(一括査定の依頼)
  3. 不動産業者と仲介の契約(媒介契約)を結ぶ
  4. 購入希望者の現地案内、交渉
  5. 売買契約を結ぶ、手付金の受け取り
  6. 売買代金の受け取り、土地の引き渡し

準備から売買完了までの期間

土地を売却する場合、「必要な書類の準備」から「売買完了」までの期間は、早くて約3ヶ月、遅くてだいたい半年ぐらいになるのが一般的です。

ただ、その土地の状況によって売れやすさは異なりますので、実際に売り出してみないとどれぐらいの期間がかかるかは分かりません。

例えば、その土地に行くまでの道路がとても狭く自動車では入れないような場所にある場合は、なかなか購入希望者が現れない可能性もあります。

逆に、人気のエリアで最寄駅からも近く、住宅団地など土地の区画が整然としているような場所にある場合は、早い段階で売れる可能性もあります。

土地を売却する際のポイントや注意点

各工程での大切なポイントや注意点などは、以下のとおりです。

1. 必要な書類の準備

土地の売却を決定したら、まずはその土地の状況について詳しくなっておく必要があります。

ご自身でもともと所有している土地であれば問題ないと思いますが、相続したばかりの土地であれば、その土地のことについてあまり情報を持っていない場合もあるかと思います。

可能であれば、その土地について詳しく知っている人から情報収集されることをおすすめします。

また、隣接地(隣の土地)との境界線がはっきりしているかどうかはとても重要なことですので、この点についてはしっかり確認しておきましょう。

土地の売却に必要な書類

土地の売却に必要な書類や資料は以下のとおりです。

  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 登記済権利書または登記識別情報
  • 固定資産税納税通知書
  • 固定資産税評価証明書
  • 境界確定図

これらの書類は、事前に全てを準備しておく必要はありません。
どういった書類か分からない場合などは、不動産業者の担当者に相談したりアドバイスを受けながら準備していっても問題ありません。

2. 不動産業者を選ぶ(一括査定の依頼)

土地の売却では、どこの不動産業者に仲介を依頼するか、不動産業者選びから始まります。

不動産業者によって得意な分野がありますので、できれば土地の売却実績が多い会社を選びましょう。

また、その土地が所在する地域に詳しい担当者に任せることができれば安心です。

不動産業者を選ぶ際は、一社一社やみくもに探しても信頼できる会社を選ぶのは難しいと思います。

そこで「不動産の一括査定サイト」の利用がおすすめです。

不動産の一括査定サイト」は、複数の不動産業者に一括で査定を依頼できるサービスで、無料で利用することができます。

厳選された不動産業者だけが登録されていますので、その中から不動産業者を探した方が確実です。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

3. 不動産業者と仲介の契約(媒介契約)を結ぶ

査定を実際に受けてみて質問などもしてみて、信頼できると感じた不動産業者があれば、その会社に仲介を正式に依頼するための契約を結びます。

仲介を依頼する契約を「媒介契約(ばいかいけいやく)」といいます。

この媒介契約を結ぶことで、不動産業者が広告やチラシを打ち出してくれたり、インターネットに物件情報を登録して買い主を探してくれるようになります。

また、実際に広告などを出す前に、「売り出し価格」を決めます。

そのため、ここからが土地の売却に向けての本当のスタートとなります。

4. 購入希望者の現地案内、交渉

広告などを出して購入希望者が見つかると、実際に現地に案内したりするようになります。

また、購入希望者が真剣に購入を検討し始めると、売買価格や引き渡しの時期などについての交渉も始まります。

これらのことは、一般の方には難しい面がありますので、不動産業者の担当者と連絡を取りながら進めていくようにしましょう。

5. 売買契約を結ぶ、手付金の受け取り

購入希望者が実際に購入を決心すると、正式に書面で売買契約を結ぶことになります。

この段階で、買主から手付金を受け取ります。

6. 売買代金の受け取り、土地の引き渡し

土地の売買契約を結んだ後、買主のローンの審査なども終わると「売買代金の受け取り」と「土地の引き渡し」が行われます。

この段階で、土地の売買が完了したことになります。

まずは土地の査定から

土地の売却をするためには、不動産業者と仲介の契約を結ぶ必要がありますので、まずは査定を依頼することから始めましょう。

査定価格が提示された際に、その価格の根拠を聞いたり、土地の売却で気になる点をいろいろ質問してみることをおすすめします。

会社ごとに査定の基準なども異なりますので、複数の会社に依頼することが大切です。

まずは「不動産の一括査定サイト」を利用して、複数の会社から査定価格を出してもらうとよいでしょう。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。