不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



実家を相続した場合や実家が空き家になったら。家の売却について

ご両親が住んでいた実家などが空き家になった場合、実家に移り住んだり、他の人に売ったり賃貸するといった選択肢があると思います。

空き家となった実家に移り住む場合

実家が何らかの事情で空き家になった場合、実家に引っ越して移り住むという選択肢もあります。

実家に引っ越すことで、その家をずっと使い続けることもできますし、住んでいる家なので管理が行き届くというメリットはあります。

ただ、実家がいま住んでいる場所から近ければ良いのですが、そうでない場合は職場までの通勤を考えると引っ越しできない場合も多いと思います。

また、小さいお子さんがいるご家庭では、子供の転校が必要になりますので、なかなか実家に移り住むというのは難しいかもしれません。

また、実家の地域(コミュニティ)に馴染めるか不安な場合もあるかと思います。

このように、仕事のことやお子さんのこと、環境の変化などを考えると実家に移り住むことは現実的でない場合も多いかと思います。

空き家を賃貸する場合

実家が空き家になった場合、他の人に賃貸するという選択肢もあります。

実家のある場所が、例えば中心市街地などにあって、家も新しくキレイであれば、借りたいという人もいると思います。

でも、実家のある場所が中心地から離れた郊外などにあって、仕事の通勤や買い物などに不便な場所だと思われる場合は、なかなか借り手が見つからない可能性もあります。

また、家を借りる人は、できるだけキレイで新しい家を希望されるため、築年数の古い家の賃貸は難しい面もあります。

特に最近は郊外でもマンションの建設が続いていますので、実家を賃貸する場合はそういった物件との競争も必要になります。

もちろん水回りなどをリフォームすることで、かなり見映えは変わりますし、水回りが新しいだけで借りたいと思う人は増えると思いますが、リフォームをする場合はある程度のお金が必要になります。
そのため、他の人に賃貸するためにリフォームにお金をかけるべきかはしっかり検討された方が良いかと思います。

なお、築年数の古い家は借り手がなかなか見つからないため、家賃(賃料)をあまり高く設定することができません。
それでも固定資産税や維持管理費は毎年かかってきますので、そのような費用などを考えると、賃貸してもほとんど利益がないといったこともありえます。

空き家のままはデメリットが多い

不動産を空き家のままにしておくことはオススメできません。

その家に住んでいる時はちょっとした家の不具合などにも気付き、自然と管理が行き届くものですが、空き家になると、想像以上に早く家が傷んでいきます。

また、空き家にしてほったらかしにしていても、固定資産税などの税金は毎年かかります。

さらに、庭の草などが伸びてくると虫も増えるため、ご近所さんに迷惑をかけないように定期的に草刈りなども行う必要があります。

このように、空き家のままにしておくことはデメリットしかありませんので、なんらかの対応が必要になります。

空き家となった実家を売却するという選択

今後ずっと続く実家の管理などを考えると不動産を手放したいと思う人もいると思います。

また、実家を相続した場合に、親族と家のことでトラブルになるのを避けたいと思われる人も多くいらっしゃいます。

そのような場合は、不動産の売却を検討されるとよいでしょう。

実家を相続した場合や空き家になってしまう時の売却には様々なメリットがあります

不動産を売却することのメリットは以下のとおりです。

  1. 不動産を売ったお金で相続税を支払える
  2. 固定資産税の支払いが必要ない
  3. 相続の場合、余計なトラブルを防ぐことができる
  4. 空き家の管理が必要ない

1. 不動産を売ったお金で相続税を支払える

実家を相続した場合、相続した日から10ヶ月以内に相続税の支払いをする必要があります。

税金を支払うまで10ヶ月しか時間がないため、その間に相続税を支払うだけのお金を用意するのが難しいケースもあります。

そのような場合は、実家を売却して、そのお金で納税するという選択肢もあります。

2. 固定資産税の支払いが必要ない

相続などの理由によって実家の所有権を取得した場合、その不動産の所有者は固定資産税の納税義務者となります。

例えば、不動産を他の人に賃貸した場合や空き家のままにしておいたとしても、不動産の所有者であるため固定資産税の支払いが発生します。

この場合も、不動産を売却することによって固定資産税の支払いが必要なくなります。

3. 相続の場合、余計なトラブルを防ぐことができる

実家を相続した場合、その相続の内容について兄弟姉妹などでトラブルが起きるケースがあります。

このような場合、実家を売却して、その売却して得た金額を人数分で割って配分することでトラブルを未然に防ぐ方法もあります。

4. 空き家の管理が必要ない

実家を空き家として放置してしまうと、庭はあっという間に草が生い茂り、家の中も雨漏りなどで傷んでしまいます。

庭が草で生い茂った状態になると、虫が寄ってきたり蚊が増えたりしますので、場合によってはお隣さんからクレームが入る場合もあります。

また、空き家のままでは建物が傷むのも早くなってしまうため、いつか売却しようと考えても、その時にはリフォーム代が高くついてしまう恐れもあります。

そのようなことを考えると早めに売却することは大きなメリットとなります。

また、築年数が古くなるほど建物の価値は下がってしまいますので、売却を検討されているのであれば早めに売った方が良いでしょう。

不動産会社に相談することが大切

実家が空き家になった場合や、実家を相続した場合は、まずは不動産会社に相談してみることをおすすめします。

不動産会社の担当者は普段からこういった案件に取り組んでいますので、適切なアドバイスをもらうことができます。

空き家や相続した不動産をどのようにすればよいか、また有効活用する方法はあるのかといった相談をしてみましょう。

その場合に大事なのは、まずはその家の資産価値がどれぐらいあるのかを把握することが大切です。

そのため、まずは不動産の査定からお願いするのが良いでしょう。

無料で利用できる「一括査定サービス」がおすすめ

不動産の査定を依頼する場合、「不動産の一括査定サイト」の利用をおすすめします。

不動産の一括査定サイト」とは、地域密着の不動産仲介業者や有名な大手不動産会社などに、一括して査定を依頼することができるサービスです。

利用は無料で、一度の入力だけで複数の不動産会社から査定を受けることができますので、大変便利です。

複数の会社に一括して査定を依頼できますので、その中から一番高い査定価格を知ることもできますし、査定価格を比較することもできます。

まずは、「不動産の一括査定サイト」を利用して、今後の対応を検討されることをオススメします。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。