【体験談】相続したマンションの売却。事前に相場を確認して不動産会社に査定依頼

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

親から相続したマンションを売却することに

私は親からマンションを相続したのですが、自分では使わないので売却することにしました。

マンションは築年数が浅いほうが売れやすいので、なるべく早めに売ってしまった方が効率的です。
賃貸するという選択肢もあるかもしれませんが、仕事などで忙しいので手間をかけて人に貸すよりも売ってしまった方がよいと思いました。

今の仕事でも十分な稼ぎがあり特に金銭的に困っていなかったという事情もあります。
老後の生活資金などを得るためにマンションの賃貸がしたい場合にはまた別の物件を購入するのもよいでしょう。

しかし、現在の私にはマンション経営をするメリットがないので、信頼できる不動産会社を見つけて高値で売却してしまった方が経済的です。

築年数が浅い物件ほど買い手が見つかりやすい

マンションは築年数が古くなるほど売れにくくなり売却価格も安くなってしまいます。
反対に築年数が浅いと劣化しておらず価値が高いというイメージがあるため、買い手を探しやすく高値で売却できます。

私が親から相続した物件は建築から7年ほど経過していましたが、外観や設備などは綺麗な状態でした。
一般的に築年数が5年未満の物件の場合は新築とあまり変わらない価格で売却できるとされます。

建てられてから5年未満の物件は設備や内装の劣化などが少なく新築とほとんど変わらない状態ですが、価格が安いという特徴があります。

築年数が10年を超えると設備などの修繕が必要になってくるので、売却する際に修繕費がかかるケースも多く見られます。
私が売却した物件は建てられてから7年ほど経過していましたが、まだ大きな修繕が必要な状態ではありませんでした。

建設されてから10年から15年が経過すると建物自体の修繕工事が必要になり費用がかかってしまいます。
多額の修繕費用が必要になる前に売却すのも1つの方法です。私は他に住居があったので住み替えが必要なわけではありませんでした。

もし住み替えが必要になるのであれば早めに売却することをおすすめします。

高値で物件を売却できれば、住宅ローンの返済に充てるだけでなく新居を購入する資金にもなります。

他に住居があった私は特に住み替えが必要なわけではなかったので、売却益を全て貯金することができました。

現在私は勤務先の近くにアパートを借りて住んでおり、新居を購入する予定はありません。
いつか新居が必要になった場合に備えて貯金をしておくつもりです。

4月や秋頃は売れやすいとは言われますが

魅力のある物件であればどの時期でも高値で売却することができます。
一般的に4月や秋頃になると就職や転勤が増えるため売却件数も増えるとされています。

ただし4月や秋頃に売りに出しても必ず買い手が見つかるわけではありませんし、高値で売れる保証もありません。

どの時期に売却するとしても査定の依頼や不動産会社による販売活動、リフォームなどで時間が必要になります。
物件を売却する上で大事なのは築年数なので、年間のうちでどの時期を選ぶかはそれほど重要ではありません。

一般的な物件の資産価値は築年数が20年から25年ほどでゼロになるとされています。
設備などの劣化が少ないなるべく新しい時期に売却するとよいでしょう。

売れるまでの流れ

実際に売却するまでの流れは3つの段階に分けて考えることができます。

まず売り出し前には情報収集と査定、媒介契約を行うことになります。
この段階では信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。

次に売り出し中は不動産会社による売却活動が行われます。
集客力のある不動産会社に任せれば素早く買い手を見つけることができます。

売り出し後には決済を行い物件を引き渡すことになります。

さらに売却益が発生した場合には確定申告をしなければなりません。

売却に関する情報収集では物件の相場を確認したり必要書類の準備を行います。

査定では物件の大まかな市場価格を試算してもらいます。
一般的には3か月から半年ほど時間をかけて売る場合の市場価格などのように、売却期間に基づいた査定が行われます。

複数の不動産会社に査定を依頼したら、納得のできる価格とサービス内容を提示してくれた会社と媒介契約を締結します。

大切なのは不動産会社選び

物件を高値で売却する上で最も重要となるのは、信頼できる不動産会社選びです。
私も複数の不動産会社に査定を依頼した上で、各社を比較検討して信頼できるものを選びました。

不動産会社選びで失敗すると買い手が見つからなかったり売却価格が安くなってしまうことがあるので注意しましょう。

実績があり他の利用者からの評判もよい複数の不動産会社を選んで比較検討することが大切です。

インターネット上には一括査定ができるサイトもあるので参考にするとよいでしょう。

不動産会社に査定を依頼する前に、自分で周辺地域における類似物件の相場を調べておくのもおすすめです。

マンションの相場を調べるには、土地総合情報システムやレインズ・マーケット・インフォメーションなどのサイトを活用するとよいでしょう。

私もこれらのサイトで相場を確かめた上で不動産会社に査定を依頼しました。
予め相場を調べておけば査定結果の信頼性を判断する際に役立ちます。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(売却・住み替え) > 【体験談】相続したマンションの売却。事前に相場を確認して不動産会社に査定依頼