不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



不動産を高く売るポイント【マンション・一戸建て】不動産会社の選び方は?

一戸建ての不動産を親から相続したり、マンションの買い替えなどを検討している場合、いまの不動産を売るという選択肢もあります。

不動産を売る場合は、通常、不動産仲介業者などに仲介を依頼する必要がありますが、会社によって売る力(販売力)は違うのでしょうか?

実は、不動産会社によって販売力は変わってきます。

販売力のある会社であれば、そうでない会社に比べて「高い金額での売却」を実現してくれます。

そのためには、不動産を高く売りたい場合には、販売力のある不動産会社に依頼することが大切です。

不動産仲介業者は何をしてくれるの?

一般的に不動産仲介業者に不動産の売却をお願いすると、仲介業者の担当者は、まず売却を予定している不動産について査定を行ってくれます。

その査定価格で問題がなければ、正式に契約を結ぶようになります。

ちなみに、不動産仲介業者は直接不動産を買い取ってくれる訳ではありませんので、この契約をしたからといって売却が完了するわけではありません。

あくまでも、買い主(購入希望者)を探してもらうための契約(媒介契約)です。

また、査定価格は実際に売れる金額ではありませんので注意してください。
例えば、思っていたよりもなかなか売れずに売れ残ってしまった場合などは、査定価格よりも金額を下げるしかない場合もあります。

そのため、不動産仲介業者の査定価格が現実的な価格であるか判断するためにも、不動産会社の担当者が作成した査定価格の根拠については、しっかり話を聞いた方が良いでしょう。

高値で売れるかどうかは不動産会社の販売力が重要

先ほど、「査定価格と実際に売れる価格は異なる場合がある」と書きましたが、実は、その部分こそ不動産会社の販売力が問われる箇所といえます。

販売力のある不動産会社であれば査定価格で売ることも可能ですし、場合によっては査定価格よりも高い価格で売買が成立する可能性もあります。

逆に販売力のない不動産会社に依頼した場合は、なかなか買い主が見つからず時間だけが過ぎてしまって、最終的には「値下げしか手段がない」と言われてしまう場合もあります。

そのため、「高い金額での売却」を希望している場合には、販売力(高値で売る力)のある会社に依頼することがとても大切です。

販売力のある不動産会社の場合

効果の高い広告を出してくれる

一般的に不動産仲介業者と媒介契約を結ぶと、担当者がチラシを作成したりインターネット上で広告を出してくれます。

この広告に関しても、販売力のある不動産会社であれば、宣伝効果の高い広告を打ち出してくれます。

例えば、
・広告を出す地域はどこなのか?
・インターネットのどのサイトで宣伝をするのか?
など、購入希望者が見つかりやすい方法をしっかり考えて、どのような広告が最も効果が高いか検討したうえで広告活動を行ってくれます。

事前に、「どのようなスケジュールでどういった広告を出してくれるのか?」、「購入する人はどういった人を想定していますか?」といったことを不動産会社の担当者に尋ねてみて、しっかりした回答をくれる担当者であれば信頼できそうです。

最適なリフォームなどを提案してくれる

不動産を高値で売る場合、場合によっては事前にリフォームしておいた方が良い場合もあります。

特に、築年数がとても古い物件だと、水回りなど様々な箇所が老朽化しているため、実際に購入希望者が内覧した時に悪い印象を与えてしまうかもしれません。

また、購入希望者の立場で考えると、「この物件を買うとリフォーム費用がけっこうかかりそうだな…」と考えるのは当然といえます。

購入希望者は事前に決めている予算のなかで、リフォーム費用も検討するようになるため、不動産にかける費用はその分ほど低くなってしまいます。

そうなると、不動産を高値で売ることは難しくなってしまいます。

そのため、不動産を高値で売るためには、場合によってはリフォームが必要となります。

事前にリフォームをしておくことで、そのリフォームにかけた金額以上に利益を生む可能性もあります。

リフォームにお金をかけ過ぎてもダメ

ただし、リフォームにお金をかければかけるほど良いかというと、そうではありません。

リフォームにお金をかけたからといって、そのリフォーム費用を上乗せして売れるとは限りません。

そのため、最も少ない費用で最も高い効果のでるリフォームを行う必要があります。

実際に多くの売却に関わった不動産会社の担当者であれば、高値で売るためにはどの箇所をリフォームすれば良いか、様々な提案をしてくれます。

内覧見学会はとても重要

購入希望者が中古不動産を買う際には、内覧時の印象がとても重要になります。

購入希望者が内覧した時に、「なんだか狭く感じる」とか「なんだか落ち着かない」、「思っていたよりも古く感じる」といった印象を与えてしまう不動産だと、なかなか売るのは難しくなります。

不動産の内覧時には、キレイで広く感じる室内にしておくことが大切です。

掃除をしっかりしておく、とか、生理整頓して部屋が広く見えるようにしておく、といったことは当然必要です。

さらに、モデルルームのようなキレイな室内になっていると、それだけで華やかになりますし、購入希望者も素敵な生活をイメージしやすくなります。

ちなみに、不動産会社によっては、お洒落な家具やインテリアなどを配置して素敵な部屋に演出してくれるところもあります。

内覧の際にどうしたら良いかを不動産会社の担当者に尋ねてみて、しっかりした回答をくれる担当者であれば信頼できそうです。

不動産会社の担当者に相談してみましょう

以上のとおり、不動産会社によって販売力は全く異なります。

もちろん、それまでの売却実績などもひとつの指標にはなりますが、中古不動産をできるだけ高い価格で売るためには、不動産会社の担当者が高値で売るための方法をどれだけ具体的に考えてくれているかも重要になってきます。

不動産会社の販売力とは、「提案力」や「実行力」と言い変えることもできると思います。

まずは複数の不動産会社に査定を依頼して、実際に不動産会社の担当者の方に会ってみていろいろと質問してみることをオススメします。

不動産の査定なら「不動産の一括査定サイト」が便利です。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。