【体験談】不動産の売却ブームに乗って、マンションを売却しました。

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

マンションの売却依頼の前に教わったこと

最近、不動産の高騰という言葉をよく見聞きするようになりました。
今の住まいに不満はないですが、もし高く売却できるなら良いなと思い、不動産の店舗に向かいました。

正直、不動産について詳しくないので、勉強させてもらうつもりで色々とお伺いしました。

まず不動産ブームについて、たしかに不動産の価値は高騰していますが、売却は時期が重要とのことです。

売却時期について

一番不動産が動く時期は1月から3月で、子供の入学や進学に合わせて住み替える方が多く、転勤で引っ越す方が多い9月から11月も多いみたいです。

では不動産が動かない時期はというと、それは夏でした。
賃貸でも、夏前に退去されると借主は困るそうです。しかし貸主も空室は防ぎたいので、相場を下回っても賃料を下げることは珍しくないみたいです。

たしかに私も、賃貸で夏に引っ越しをしたことがありますが、不動産会社から、今の賃料は下げたばかりでお得ですよと、教えてもらいました。

その時は、運が良かった位しか思いませんでしたが、どうやら夏の引っ越しは狙い目だったみたいです。

話は戻りますが、そういった理由から不動産の売却についても、夏は買い手が見つかりづらいとのことです。

では夏の売却はずらし方が良いですか?と質問すると、1年通して条件の合う物件を探している方もいますので、そんなことはありませんと言われました。

結局、一概には言えないみたいですね。

税改正について

売却時期を考えるときに、税改正の有無も重要とのことです。
税とか聞くと、それだけで難しそうに感じますね。

しかし、不動産の取引は高額なため、そんなことも言ってられません。
ただ難しいことはそんなに考えなくて良いみたいです。

例えは、税制の優遇があったり、給付金が受けられる制度がある時は購入者も増えるので、いま不動産を購入したら得だと言える時期を狙えば良い訳です。

消費税が上がる前に買い物をするのは、よく聞く話ですね。
素人の私にとっては、それぐらいの知識で十分だと思いました。

これ以上の内容は、その都度専門家に聞くことにします。

売却準備

不動産の売却について一通り聞いた私は、結局すぐに売却の依頼をしました。
流れとして、まずはマンションの査定です。

査定報告

後日、査定報告を受けるために再度不動産の店舗に向かいました。

査定価格は「2000万円」という結果です。
ちなみにマンションの購入価格は「2200万円」、残債は1900万円でした。

これなら住宅ローンも完済できそうです。
ただせっかくマンションが高騰している時期なので、もう少し高く売りたいと相談しました。

一応「2200万円」なら可能性は十分あるとのことでしたので、思い切って「2200万円」で依頼しました。

媒介契約

次にマンションを売却するには媒介契約を結ぶ必要があると教わりました。
また、媒介契約にも3種類ある為、それぞれの契約について説明を受けました。

簡単に説明すると、不動産会社に複数依頼するか、一つに絞るかということでした。

それぞれのメリット、デメリットもありましたが、ここまで色々教えていただいたので、私は一つに絞ることにしました。

不動産会社の担当者からは「ありがとうございます。頑張ります。」と気持ちのいい返事を返してくれました。

ちなみに、この場合の契約は「専任媒介契約」というものでした。

売却に向けての定期連絡

マンションの売却依頼を出してから一週間後、売却の状況について報告を受けました。

どうやら「専任媒介契約」は、2週間に一度の活動報告が必要みたいですが、私の依頼した不動産会社は、1週間に一度はご報告されるとのことでした。

こういうところで、不動産会社の誠実さなど伝わります。
もしかしたら、私の担当者が良かったのかもしれません。

ただ一週間では、特に動きはありませんでした。
これは仕方がないことです。

内見希望の連絡

二週間後、初めて内見希望の連絡がありました。
もちろん承諾して見て頂きました。

知らない人が自分の部屋に来るのはちょっと変な感じです。
しかし、その人が購入するかもしれないと思うと、お見合いのようにも感じました。

購入希望の連絡

マンションを売りに出してから3ヶ月後、購入希望の連絡がありました。
マンションの価格は下げていない為「2200万円」です。

しかし値上げ交渉がありました。
私としては、価格が高いことは承知でしたので、交渉に応じました。

購入希望者の希望価格は「2100万円」でしたので、私は間をとって「2150万円」で再度提示し、無事に両者合意しました。

その後の流れ

マンションの売却が決まってからは、売買契約、決済、引き渡しと特に問題なく進めることができました。

住み替え先も同時に進めて探していましたので、売却が決まってからすぐに気に入っていた中古マンションを購入しました

予算も売却益で余裕があった為、住み替え先のマンションも安心して購入できました。

もし、気に入った中古マンションの入居が遅くなりそうだったら、全然仮住まいも良いと思っていました。

特にその必要もなく、余計な出費も抑えられた為、今後の生活もグッと楽になりました。

しかし、大きな売却益で金銭価格がやや大雑把になっていることに気づきました。

今後もいつ急な出費があるか分かりません。
老後のことを考えて、今回の売却益は将来のために貯金しようと思います。

ただ話が矛盾しますが、また数年後にマンションの住み替えを検討しています。

せっかく高く売却できるのに動かないのは、ちょっともったいないです。

最後に、今回はうまくいきましたが次回は分かりません。
マンションの売却で大損した方のお話も聞きます。

私にとって一番良かったところは、信頼できる不動産屋の担当と知り合えたことだと思っています。

次回も同じ担当者に依頼するつもりです。
それまで辞めないでもらえると助かるのですが。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(売却・住み替え) > 【体験談】不動産の売却ブームに乗って、マンションを売却しました。