【体験談】時間に余裕を持って計画的に住み替えの手続きを進めることが大切

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

住み替えをする理由は子どもの成長

転職や結婚、子供の誕生や成長など住宅の住み替えをする理由には様々なものがあります。私の場合は子供が成長して家が狭くなったのと、両親の介護をしやすい環境が欲しかったことが大きな理由です。

ライフスタイルが変化すれば住宅に必要な性能も大きく変化します。

住み替えを考えるのであれば、早めに計画を立てることが大切です。

住み替えは家の購入と同時にいまの家を売却するということ

たんに新たな住宅を購入するだけでなく、現在住んでいる物件を売却しなければなりません。新しい物件を探したり、古い物件を売却するには時間がかかります。

売却額が想定できないと新しい物件を購入するための資金計画も立てられません。

時間的に余裕を持って計画的に住み替えの手続きを進めることが大切です。

売却と購入はなるべく同じタイミングで行うようにするとよいでしょう。

新居の購入は物件の売却益が資金

一般的に新たな住宅を購入する際には、現在の物件の売却益が資金になります。

売却と購入の決済時期をほぼ同時にすれば資金をスムーズに調達できます。

もし売却の時期が早すぎると一時的に賃貸住宅を借りなければならなくなるので費用がかかってしまいます。

無駄な費用がかからないようにするためには、計画的に売却と購入の手続きを進める必要があります。

住み替えを行うためには売却と購入でそれぞれ異なる手続きを行わなければなりません。売却手続きではまず不動産会社に物件の査定依頼をし媒介契約を締結します。

買主が見つかったら売買契約を締結して決済を行い、物件を引き渡すことになります。

購入手続きではまず資金計画を立案して最適な物件を探します。

ローンを組む手続き

気に入った物件が見つかったら購入契約を締結してローンを組む手続きを行います。

さらに決済と物件の引き渡しが行われ入居するという流れになります。

売却と購入のいずれでも決済と物件の引き渡しが行われます。

この2つの手続きのタイミングが同時になるように計画を立てて手続きを進めてください。

不動産の売却の必要な期間は一般的に3か月ほどとされており、事前の下調べや入居時の引っ越しなども考慮して6か月ほどの期間を見込むとよいでしょう。

中古住宅を選びました

私はあまりお金をかけたくなかったので新居に安い中古住宅を選びました。

古い家であれば、ほとんど土地代くらいの価格で購入できるのが大きなメリットです。

私が購入した住宅は駅からも近く周囲にはスーパーマーケットや病院、介護施設などもあります。
立地条件が優れた場所にあり価格も2200万円ほどだったので、安い費用で条件のよい物件を手に入れることができました。

住み替えをする際には住宅の資産価値の減少が問題となることがります。

資産価値が購入時よりも大きく下がると売却益のみで多額の住宅ローン残高を払いきれず、新居の購入費用を賄えない可能性が存在します。

資産価値の目減りが少ない中古住宅の方が有利

将来的に何度も家を替えるのであれば資産価値の目減りが少ない中古住宅の方が有利です。

私が以前住んでいていた住宅も中古だったので、資産価値の目減りを気にする必要がありませんでした。

一般的に住宅の資産価値は新築から数年間で大きく目減りし、15年から20年ほどで低減率が緩やかになります。

建築されてから20年ほど経過している住宅は、新築住宅と比較して資産価値を長く維持できるというメリットが存在します。

また中古物件には様々なものがあるので、希望の条件に合ったものを容易に探すことができます。

特に私のように立地条件にこだわる場合には新築ではなく中古の物件を選ぶとよいでしょう。

安い費用で立地条件の優れた物件を探すのであれば中古を選ぶのが合理的です。

どのような物件も新築時から数年で資産価値が減少します。

駅から近い場所にあるなど、条件のよい新築物件は人気があり高額なので購入するのに費用がかかってしまいます。

私は子供が成長して家が狭くなったことと、両親の介護をするために余裕のあるスペースが欲しかったので新しい家を購入しました。

今後もライフスタイルが変化して住宅に求める機能が変われば、また新しい家を探すことになると思います。数年で資産価値が目減りする新築住宅よりも価値の安定した中古住宅の方が有利です。
中古ならば駅から近く立地条件のよい物件も安い費用で購入できます。

住宅を上手く活用するには安い物件を購入し必要に応じてリフォームを施すことが大事です。リフォームで対応しきれない場合には新しい物件を探すとよいでしょう。

ライフスタイルの変化に合わせて住み替えを考えるのであれば、コストパフォーマンスの優れた中古物件を新居に選ぶことをおすすめします。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(家の売却・査定) > 【体験談】時間に余裕を持って計画的に住み替えの手続きを進めることが大切