【体験談】投資用マンションを購入するも、利益が出ず売却で大損した話

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

投資用マンション購入のきっかけ

私は、夫婦二人で実家に同居しています。
おかげで、貯金もある程度の余裕がありました。

何か投資でも始めようかと考えていた矢先に、電話が掛かってきました。
「投資用不動産の購入に興味はありませんか」とのお話です。

本当にタイミングの良い電話だったので、私は「はい」と答え、案内された不動産セミナーに参加することになりました。
そして、これが最悪な結果につながるスタートになったのです。数年前の投資に興味を持ってない私なら、断っていたと思います。

むしろタイミングが悪すぎましたね。

不動産セミナーに参加

不動産セミナーには、何の疑いもなく参加しました。
今はもう、自分の浅はかさが恥ずかしいです。

突然かかってきた電話で、良い話があるわけなかったんです。
ただ会場についた時は、結構な人の数で活気がありました。

私は会場の熱気にやられていたと思います。
「もしかしたら、結構儲かるかも」と、何の根拠もないことに疑いを持っていませんでした。

話の内容は、「FXや株のようにリスクの高いことををする必要はありません。」
「これからの時代は、不動産投資で確実に稼いでいきましょう。」

というような感じで、一時間位で公演は終わりました。
最後に「興味がある方は個人面談を実施します」とのお誘いで、興奮が最高潮に達していた私は、すぐに手を挙げました。

個人面談

面談では、私の今の状況を聞いて頂きました。
そしたら「だったら投資用マンションを購入するべきです。でないと後悔しますよ。でも決めるのはあなたです。」との一言でした。

私はすぐにでも始めたい事を伝え、必要書類の説明を受けました。
セミナーの内容は、これで終わりです。

後日、必要資料を用意して、銀行の与信をかけました。
与信は簡単に通り、契約をすることになりました。

不動産投資を始めるも赤字が続く

不動産投資を始めたときは「不動産オーナーになれて嬉しいな」とか「一年でどれ位儲かるかな」等、能天気な事を考えてました。
しかし、それも数か月で終わりました。

すぐに空き室になり、そうなると預金でローンや管理費の支払いをするしかありません。
これはもう地獄でしたね。

その後は、入居があってもすぐに退去しての繰り返しでした。
結果、空き室の期間が長く大赤字です。

不動産投資を始めて4年が経った頃、精神的にも辛くなってきた為、売却を決意しました。
まずは地元の不動産会社に査定を依頼しましたが、査定額は想像以上に低かったです。

それから、大手も合わせて全6社に査定を依頼し、内一社からローンの残債を返せる査定額がでました。
私はすぐにそちらの不動産会社に売却の依頼をしました。

投資用不動産の売却活動

これで赤字を止められると少し安心したのも束の間、3ヶ月近く経っても全く売れませんでした。
その間も空室は続き、預金が減る一方です。

私はもうどうして良いかわからず、不動産会社で働い事のある友達に相談しました。
少し恥ずかしかったですが、不動産投資を始めてからの経緯と今の状況を伝えました。

すると「その売却を依頼している業者は、価格が高すぎるんじゃない」との事でした。
不動産の査定をする業者の中には、故意に査定額を高くして「専任媒介契約」を取ろうとするところがあり、その業者はそのタイプの可能性があるそうです。

「このままいけば、次の更新で必ず売却額を下げてくるよ」とも言ってました。
要は、初めから売れるとは思っていない査定額を出していたという事です。

友達のアドバイスを受けた私は、売却依頼を他の業者に乗り換えました。
ちょうど「専任媒介契約」の更新月で助かりました。

乗り換えた先は、以前査定を出して頂いた内の一社です。
もちろん査定額で売れても残債は支払えない為、預金を崩して支払うことにしました。

抵当権を消さないと売却できない為です。

他の業者で再び売却活動を始める

再び売却活動を始めましたが、状況の変化にびっくりしました。
売りに出した翌日から、何件もの問い合わせがありました。

今は空き室だったため、中もよく見てもらいました。
そして、一週間で売却が決まったのです。

初めに出した売却額は、本当に高すぎたみたいです。
欲を出して高い査定額に飛びつきましたが、逆に大損をしてしまいました。

売れない3ヶ月の間も、ローンと管理費の支払いを無駄にしていたのですから。

まとめ

今回の不動産投資は、授業料にしては高かったです。
投資には、必ずリスクがあることを念頭に置かなければいけませんでした。

不動産セミナーでは、リスクの話はほとんどなかったように思えます。
しかし、何も勉強しないまま、儲かるという話に乗ってしまった私の自業自得でした。

投資に失敗した後の行動も同じでした。
何も考えずに、高すぎる査定額に飛びついてしまった事です。

ただ、素人ではそういうことも分かりません。
今回一番学んだことは、一つの話を鵜呑みにせず、専門家を含めて複数の意見を聞くべきだという事です。

ふたたび投資をする勇気はまだありませんが、もっと勉強をして、いつかまた不動産投資にチャレンジしてみたいです。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(売却・住み替え) > 【体験談】投資用マンションを購入するも、利益が出ず売却で大損した話