不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



チラシとインターネット。不動産の売却で効果が高いのはどっち?

不動産を売却する場合、不動産業者に仲介を依頼すると担当者の方がいろいろな販売活動を行ってくれます。

買い手が見つかるように、チラシを配ったり不動産情報サイトに物件情報を掲載してくれますが、実際にチラシとインターネットではどちらが広告として効果が高いのでしょうか?

それぞれの効果の違いについて説明したいと思います。

チラシ

不動産のチラシは、よくポストにも入っているので馴染みがあると思います。

チラシを各家庭に配る方法は通常、家のポストに投函する方法と、新聞の折り込みチラシとして入れる方法があります。

物件に興味を持ってもらうためには、まずはチラシの見映えがとても重要ですので、デザイン性が高く情報もきちんと整理された魅力のあるチラシが増えています。

ただ、近年はチラシの効果が低くなったという声もあります。
やはりインターネットの普及などにより不動産屋さんに行かなくても、自宅で物件を自由に探せることも、その要因のひとつといえます。

また、人によってはチラシの受け取り方法で信頼度が変わる場合もあるようです。
どういうことかというと、家のポストに直接投函されていると何だか怪しいと感じてしまうのに、新聞の中に折り込みチラシとして入っている場合は怪しいと感じない場合があるようです。

確かに、いまはインターネットで全国の物件情報を好きなだけ閲覧することができますので、チラシの効果が薄れているように感じるかもしれませんが、チラシにはチラシのメリットがあります。

チラシのメリット①

・インターネットを利用しない人にアピールできる

メリットのひとつは、普段インターネットを利用していない人にアピールすることができる点です。

いくらインターネットが普及しても、日常的にインターネットを利用していない人はまだまだ多いのが実情です。

特に、不動産を購入する人は年齢層がやや高めになりますので、そういった方達に対して不動産の物件情報を見てもらうためにはチラシは有効な広告となります。

チラシのメリット②

・購入者の過半数は、物件から半径1キロ圏内に住んでいる

実は、戸建てやマンションなどの不動産の購入者の過半数は、その物件から半径1キロ圏内に住んでいる人といわれています。

インターネットでは広範囲で購入者を探すかたちとなりますが、チラシであればそのエリアにピンポイントで広告を出すことができます。

そのため、チラシの効果がだんだんと低くなったといわれる現在でも、物件の近隣に住む人に向けてチラシを配るのは合理的といえます。

インターネット

インターネットを活用した広告展開としては、以下のようなものがあります。

  1. 不動産会社のホームページに物件を掲載する
  2. 不動産情報サイト(ポータルサイト)に物件を登録する
  3. オンラインのレインズに登録する

1. 不動産会社のホームページに物件を掲載する

仲介の契約をした不動産会社がホームページを運営していれば物件を掲載してもらえると思います。

有名な不動産情報サイトに比べるとアクセス数は少なくなりますが、その不動産会社の名前で検索された場合は、直接会社のホームページにアクセスするようになりますので、不動産会社のホームページにも掲載されていると購入検討者の目にも留まりやすくなります。

2. 不動産情報サイトに物件を登録する

主要な不動産情報サイトとしては、「SUUMO(スーモ)」「LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)」「アットホーム」「Yahoo!不動産」などがあります。

これらのポータルサイトは全国の物件を網羅しており、情報量は膨大です。

その分、購入検討者によるアクセスも多いため、これらのサイトに登録するのは必須といえます。

ただ、不動産仲介業者によって、どのサイトに登録をするかは異なります。
全ての大手ポータルサイトに登録する会社もあれば、1つのサイトだけということもあり得ます。

そのため、仲介を依頼する前に、「どういった広告を出すのか?」「どのポータルサイトに物件を登録するのか?」といった点を確認された方が良いかと思います。

3. オンラインのレインズに登録する

レインズについては、不動産流通機構に登録された不動産業者だけが閲覧することができる情報で、一般の人は閲覧ができません。

レインズへの登録は、仲介を依頼する際に「専属専任媒介契約」か「専任媒介契約」を締結すれば、不動産業者に必ず登録してもらうことができます。

なお、「一般媒介契約」の場合は、不動産業者の任意となっていますので、事前に登録の有無を確認された方がよいでしょう。

結論: チラシとインターネットの併用が効果的

以上のとおり、チラシとインターネットにはそれぞれメリットがあります。

「できるだけ早い期間で売却するためにも」「できるだけ高い価格で売却するためにも」、可能な限り多くの購入検討者の目に留まるようにする仕組みが必要です。

そのため、「チラシ」と「インターネット」を併用する方法が最も効果的といえます。

信頼できる不動産業者を見つけよう

不動産の売却を成功させるために大切なのは、信頼できる不動産業者を見つけることです。

そのため、一社ではなく複数の不動産業者に接してみて本当に信頼できる会社を見つけるようにしましょう。

ただ、複数の不動産業者に一社一社、問い合わせをしていくのは大変ですので、「不動産の一括査定サイト」を利用するようにしましょう。

不動産の一括査定サイト」であれば、一括で複数の不動産業者に査定を依頼することができますので、かなりの手間を省くことができます。

そして、複数の会社から査定価格が提示されますので、その査定価格や根拠を会社ごとに比較することも可能です。

いくつかの不動産業者と話をすることで、経験が豊富で相談しやすいと感じる会社も見つかると思います。

信頼できる不動産業者を探すためにも「不動産の一括査定サイト」を利用するのがおすすめです。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。