不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



築年数が古い一戸建てを早く売る方法やポイント・注意点

建築されてから何十年も経っている建物は老朽化が進んでいますので、売却しようと思ってもなかなか買主が見つからず、売却に時間がかかってしまう場合も多くあります。

ただ、そのような状況でも可能な限り早く売却するために工夫できることもあります。

内覧時のポイント

1. 家の中をキレイにしておく

戸建てを売却する場合、購入を検討している人が現れると内覧を希望されるようになります。

内覧は、購入を決断するかどうかでとても重要なステップとなりますので、この内覧時にできるだけ良い印象を与えられるようにしましょう。

簡単にできることですが、家の中をキレイにしておくことはとても重要です。

ゴミやホコリのないようにキレイに掃除しておくことと、もうひとつは、床などに物が散乱していないようにしておきましょう。

棚などの本や雑貨なども、綺麗に整頓したり、必要のないものは見えないように片づけておきましょう。

簡単なことですが、これだけでもかなり印象は変わります。

2. カーテンを明けて明るい室内を演出

これも内覧時の演出になりますが、古い建物はどうしても暗い印象を与えてしまいます。

そのため、蛍光灯だけでなくカーテンを開けて自然の日差しが入るようにするだけでも、部屋の雰囲気が明るくなります。

購入者にとってはずっと住む家になりますから、薄暗い家だと思われてしまうと印象もとても悪くなってしまいます。

3. トイレや台所、風呂場は特にキレイに

普段から住んでいる人は逆に慣れてしまって気付かないことも多いのですが、トイレや台所、風呂場といった場所は、他の人が見ると「汚れている」と感じたり、「なんだか薄暗い」と感じる場合もあります。

客観的な目でチェックしてみて、薄暗い場合には電球を交換するなどして、できるだけ良い印象になるように工夫しましょう。

4. 生活感が出すぎないようにする

ずっと長く住んでいると、どうしても物が増えて生活感が強くなってしまいます。

ただ、購入を検討している人は、これからの住まいをイメージしようとしますので、変に生活感が出過ぎてしまっていると印象が悪くなってしまいます。

また、住んでいる人の趣味で人形や雑貨をたくさん並べている場合も、できるだけ片づけてシンプルにしておいた方が良いでしょう。

インスペクション(住宅診断)の要望があった場合

インスペクションとは、住宅診断のことで、屋根や外壁、室内、床下などを診断することです。

2018年4月(平成30年4月)から、中古住宅を売買する際に、不動産会社は購入希望者に対してインスペクションを利用するかどうかの説明が義務化されています。

そのため、購入希望者がインスペクションを希望した場合、不動産会社は売り主に対して「購入希望者がインスペクションを希望しています」といった連絡を受けるようになります。

そして、売り主がインスペクションを受け入れた場合は、専門家がその物件について様々な検査を行い、専門家の検査結果は買い主と売り主に報告されるようになります。

このインスペクションは強制ではないため、売り主は拒否することも可能ですが、特別な事情がない限りインスペクションを受け入れるようにしましょう。

なぜなら、もし売り主がインスペクションを拒否してしまうと、購入希望者は「あの物件には何か大きな問題があるんだろうな」と考えてしまうからです。

そうなると、購入の話しは進まなくなるのが目に見えています。

また、インスペクションは売り主側にとってもメリットがあります。

専門家がしっかり検査してくれるため、気付かなかった欠陥を知ることができます。

例えば、天井に雨漏りがあったり、シロアリの被害を受けていた場合で売却後に買主がそのことに気付いた場合、民法の瑕疵担保責任によって、売り主側にその責任が発生してしまいます。

しかし、インスペクションによって事前に欠陥を知ることができれば、売却後、大きなトラブルに発展することを避けることができます。

そのようなことから、購入希望者からインスペクションの要望があった場合は、インスペクションを受け入れるようにしましょう。

リフォームはしない方がいい場合もあります

不動産を売る前にリフォームしておいた方が高く売れると思われている人も多いのですが、必ず高く売れるとは限りません。

そして、そのリフォームにかかった費用を上乗せして売れるとは限らないため、必ずリフォームした方が良いということはありません。

また、築年数の古い建物を購入したいと考えている人は、自分の好きなようにリノベーションしたりリフォームしたいと思っている場合もあります。

そのため、売却前にリフォームするのは良い選択にならない場合もありますので、慎重に判断しましょう。

買取業者に買い取ってもらう方法もある

不動産の売却では、これまで不動産仲介業者に仲介してもらい買主を見つけてもらうことが一般的でしたが、最近は「買取業者に買い取ってもらう」という選択肢も一般的になってきました。

これは、買取業者自体が買主になってくれるため、とてもスムーズに売却を成立させることが可能です。

ただ、デメリットとして、買取業者はその物件を買い取った後に自らリフォームをして販売を行うため、買取価格はどうしても安くなってしまいます。

一般的に、買取業者が買い取る金額は、通常の売却価格よりも30%ぐらい低い金額になるといわれています。

取り壊して「更地」にする選択肢もある

建物が古すぎる場合は、そのままでは買い手が見つからず、ずっと売れ残ってしまう場合もあります。

そのような時は、建物を取り壊して「更地」で売った方が早く売却できる場合があります。

更地にすることで、購入者が自由に好きな建物を建てることができますので、もう古い建物がネックになることはありません。

ただ、固定資産税には注意が必要です。

もし、更地にしても売れるまでに時間がかかってしまった場合は、固定資産税を「更地」として支払うことになります。

固定資産税は、建物が建っている土地であれば低く抑えられているのですが、「更地」になると本来の固定資産税額を支払うようになります。

目安として、土地の固定資産税の支払いが6倍になる場合もあります。

そのため、まだ実際に売却の話が本格化していない状況で建物を取り壊すのは止めておいた方が無難かもしれません。

建物を取り壊すべきかどうか悩んだら、まずは不動産売買のプロである不動産会社の担当者に相談されることをオススメします。

不動産会社に査定を依頼して相談してみましょう

このように築年数が古い建物を売却する場合は、売れ残らないようにするために様々な工夫が必要になります。

そのため、まずは不動産の査定を依頼して物件の価値をしっかり把握するところから始める必要があります。

また、複数の不動産の査定をしてもらうことで、どの不動産会社が一番信頼できそうか、どの会社なら売却を安心して任せられそうかといったところにも気付くことができます。

一社だけに問い合わせてしまうと会社同士の比較ができないので、「不動産の一括査定サイト」で査定を依頼される方が安心です。

古い建物の売却に悩まれている場合は、「不動産の一括査定サイト」で査定を依頼して、それから疑問点や気になるところを納得いくまで相談されることをお勧めします。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。