おうちのミカタ 編集者

おうちのミカタ 編集者



新白島(広島市中区)の住みやすさ。中古・新築マンションの相場は?

新白島ってどんなところ?

新白島は、2015年に新しくできた「新白島駅」が最寄駅となるエリアです。

新白島駅が最寄駅となる住所は、西白島町や白島北町、東白島町などになります。

この新白島は、SUUMOが発表した【広島 住みたい街ランキング2018】で2位となった人気のエリアです。

人気の理由としては、電車で市内中心部や広島駅方面などに行きやすく、また高速道路へのアクセス性も優れるといった「交通の利便性」の良さが挙げられます。

新白島の住み心地・住みやすさ

新白島に住まれたことがある方の口コミはこちらです。

満足な点

【20代・女性】
あまり広くない地域にも関わらず公園が多いので、子供を遊ばせる場所に困らない。学校も近くにあるので通学しやすい。
百貨店やアパレルショップへ30分以内で移動できるので急に必要なるものもすぐに買いに行ける。スーパーも近くにあるので、食品の買い物も便利。
引用:https://house.goo.ne.jp/

【40代・男性】
周辺に大学もあり、教育に力を入れている文京学区です。また、学区内にはスポーツセンターもあり、文武両道を実現できる環境があります。地域の努力もあり、周辺には遊戯施設などはありません。
市街地中心部へのアクセスも良く、河川や山などの自然も感じられます。特に、春は河川周辺の桜が満開となり、一年の楽しみの一つです。
引用:https://house.goo.ne.jp/

【60代・男性】
歩いてける距離に複数スーパーやコンビニがあります。また自転車だったら紙屋町までいけば、商店街で何でも買えます。
駅の南側には広島城や中央公園があり、散歩をするのに最適です。休日は観光客が多いので、平日の早朝がおすすめです。
引用:https://house.goo.ne.jp/

不満な点

【20代・女性】
ご飯を食べる場所が少ない。同じ種類のご飯を提供するお店ばかりで、いつも同じ場所で飽きてしまう。変わり映えしない。
住宅街であるのに対して駐車できる場所が少ない。広いコインパーキングがないので止めにくいと感じることがある。
引用:https://house.goo.ne.jp/

以上が実際に新白島に住んだことがある方の口コミです。

市内中心部の紙屋町などへのアクセス性や居住環境を気に入られている方が多い印象です。

電車を使えば大抵のところにはスムーズに行ける立地の良さが評判のようです。

また、スーパーやドラッグストア、コンビニ、そして飲食店も多いという口コミも見受けられます。

そして、西側には川が流れ、南側には広島城や公園もあるので、自然が豊かという声もあります。

不動産の相場・価格帯

新白島エリアのマンションや戸建て住宅の相場についてご紹介します。
相場としては、市内のなかでは価格が高めになります。

マンションの相場

新白島駅が最寄り駅となるマンションの相場・価格帯については以下のとおりです。

新築マンションの相場

新築マンションの相場は、3LDKのファミリータイプでおよそ5,000万円が標準的と考えられます。

  • 新築マンション: 5,000万円

中古マンションの相場

中古マンションの相場は概ね以下のとおりです。

  • 築10年: 4,000万円
  • 築20年: 3,000万円

一戸建て住宅の相場

駅近には一戸建ての物件が見当たりませんが、バスなどを乗り継いだ場所であれば一戸建ての販売も見受けられます。

新築の一戸建て

新築の戸建て住宅は、土地の面積や建物のグレードなどによって価格が大きく変わってきます。
土地の面積が70㎡程度の一戸建ての場合は、4,000万円程度の価格帯となります。

  • 新築一戸建て: 6,000万円~7,000万円

中古の一戸建て

中古一戸建ての相場は以下のとおりですが、土地面積が小さい物件の場合は相場よりもお値打ち感があります。

  • 築10年: 5,400万円~6,300万円
  • 築20年: 4,800万円~5,600万円

土地(住宅用の更地)の相場

  • 土地: 4,000万円~5,000万円

新白島エリアで土地(更地)の販売はあまり見られませんが、地価公示等の価格を参考にした場合、およそ4,000万円~5,000万円が相場といえます。
なお、新白島の地価は近年上昇傾向となっています。


お住まいの家の売却価格を知る方法

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

こんな方にオススメ

  • 不動産を売りたいと考えている方
  • いま住んでいる家の売却価格を知りたい方
  • 手軽に査定を依頼したい方

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

いま住んでいる家の価格が気になるなら「一括査定サイト」がオススメ。
複数の会社に一括で査定を依頼できるから簡単で便利!


新白島のこと、もっと詳しく

新白島の魅力や人気の秘密について、もっと掘り下げていきたいと思います。

新白島の交通の利便性

新白島は、電車はアストラムライン、JR山陽本線、JR可部線が利用できますので、紙屋町方面に行く時はアストラムライン、広島駅方面に行く際はJR山陽本線やJR可部線と使い分けることができます。

市内中心部との距離も近いので自転車や自家用車があればさらに利便性を感じられると思います。

また、自家用車がある場合は、国道を北に向かって車で走ると約10分で山陽自動車道の「広島IC」に行けますので、車での遠出にも便利です。

このように新白島は電車、バス、新幹線、自動車など、様々な移動手段で快適に暮らせるエリアといえます。

新白島での暮らし

新白島駅は、2015年に誕生した新しい駅でそれまでの状況と一変して交通の利便性が向上したエリアになります。

これまでよりもさらに市内中心部へのアクセスが向上したほか、広島駅へもスムーズに行くことができる便利なエリアです。

日常生活のためのスーパーやドラッグストア、コンビニなども充実していますので、買い物に困ることはありません。

服などを買うためのショッピングやデパートは市内中心部に行く必要がありますが、広島の中心部にも電車で一本で行けますので大変便利です。
また、自転車でも十分に中心部に行くことができます。

広島駅や紙屋町方面に職場がある人にとっても通勤に便利なエリアとなります。

また、新白島には複数の公園や川がありますので、都心部にありながら水や緑に触れることができます。

お散歩が好きな方は広島城をお散歩できますし、川沿いでジョギングを楽しむこともできます。

春には桜が満開になるスポットもありますので、自然を感じながら都会暮らしを満喫したい人にとってもオススメです。。

飲食店も居酒屋からイタリアンまで幅広く営業されていますので、外食するのにも便利なエリアとなっています。

新白島の不動産会社をピックアップ

松一商事

所在地: 広島県広島市中区西白島町2-12
定休日: 日曜日、祭日
営業時間: 9:00~18:00
URL: https://www.athome.co.jp/ahcs/matsuichisho-ji.html

まとめ

新白島の不動産価格は、市内の中では高めで広島駅周辺に比べると若干安い価格帯となります。

人気エリアになっているだけあり、便利で暮らしやすい点には定評がありますし、年々地価も上昇しています。

住宅街での閑静な暮らしをしながら、百貨店やアパレルショップへ30分以内で行くことができるこのエリアは、静かな環境のなかで都会の雰囲気を感じられる注目のエリアといえます。

広島市内や市外から新白島に住み替えで引っ越しを考えられている方は、まずはいまお住まいのマンションまたは戸建ての資産価値を把握することが最初のステップになります。

資産価値の把握というのは、不動産会社に査定を依頼して査定価格を出してもらうことになります。

この査定価格が、実際の売却可能価格の参考になりますので、まずは不動産会社に査定を依頼されてみるとよいでしょう。

そうはいっても、一社に依頼するだけでは適正な価格を提示してもらえているか分からないため、できるだけ多くの不動産会社から査定価格を出してもらうことが必要です。

この査定依頼をスムーズに行うためによく利用されているのが「不動産の一括査定サイト」というサービスです。

このサービスであれば、インターネットからの一度の入力で、複数の不動産会社から査定を出してもらうことができますので、忙しい方にとっても大変便利なサービスとなります。

いまお住まいの家の売却を検討されている方は、「不動産の一括査定サイト」で査定を受けてみられるとよいでしょう。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

いま住んでいる家の価格が気になるなら「一括査定サイト」がオススメ。
複数の会社に一括で査定を依頼できるから簡単で便利!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

おうちのミカタ 編集者

おうちのミカタ 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。
一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

おうちのミカタ 編集者

おうちのミカタ 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、不動産の売買や不動産会社選びに関するコラムを執筆しています。