おうちのミカタ 編集長

老後に家を売る場合のメリットとデメリット。老後の家の売却・購入

老後に家を売却、または購入を検討される方は多いと思います。
この記事は、老後の暮らしを考える参考になればと書いたものです。

老後に家を「売却」する場合

老後に家を売る場合のメリット、デメリットを見ていきましょう。

家の売却のメリット

ライフスタイルに合わせての住み替え

現代は、子供が独立して老後に夫婦二人で住むことが増えてきました。
そうなると、広い家は必要ありません。

もう少し狭い家に引っ越しすれば、掃除の負担も減ります。

住宅ローンの支払いを終わらせることが可能

若いころに家を購入した時、住宅ローンの返済が定年後も続くことがあります。
当時購入した時の資金計画では、何とかなると決めて購入されたはずです。

しかし、今は思っていたほどの年金はもらえず、退職金もそれほど当てにできない時代になりました。

定年後は毎月の支払いがより厳しくなりますので、いっそ売却して住宅ローンを完済すれば、毎月の負担はかなり楽になります。

家の売却のデメリット

家の売却が困難な可能性がある

老後まで住んでいた家となれば、それなりの築年数が立っているはずです。
新築で購入した家であればまだ良いですが、中古で購入した家となればかなりの年季が入っているはずです。

そうなると、家の売却は困難です。
一戸建てであれば、土地目当てで購入する方も多いので、まだ売却しやすいです。

マンションであれば、築年数の古い住宅は売却が難しくなると思って下さい。
できれば、20年を超える前に売却することが望ましいです。

売却額が低くなる可能性がある

売却しづらいということは、少し安くしたぐらいではなかなか売れないかもしれません。
そうなると、住宅ローンがまだ結構残っている場合は、家を売却しても完済できないこともあります。

住みなれない場所への引っ越し

これは後悔した話としてよく聞きますが、老後に慣れた土地から離れることはかなりのストレスが掛かります。
老後の引っ越しで、体を壊したという話もあります。

もし引っ越しするのであれば、住み慣れた街や住んでみたいとずっと思われていたような地域がよいでしょう。

老後に家を「購入」する場合

家の購入は、定年までに住宅ローンを返済できる若い時期に購入することが一般的です。

若い頃に購入された場合は、定年してローンが残っていても残りは退職金で支払えば何とかなると考える方も多く、毎月の支払いが厳しくても、若い時は仕事があるので何とか返済できるものです。

老後に家を「購入」するメリット

税金対策になる

一番多く聞く理由は税金対策です。
将来は、子供に資産を残してあげたいと思われる方は多いと思います。

しかし負担になるのが相続税です。
そこで少しでも相続税を減らせる方法が不動産による相続です。

不動産の価値は、固定資産税を基に相続税が計算されます。
その評価額は時価よりも低い為、現金よりも不動産の相続の方がお得になります。

バリアフリー

老後は、若い時のように体も自由に動かすことが難しくなります。
階段の上り下りも辛くなり、もしかしたら車椅子の生活に変わるかもしれません。

そのような場合、身体が不自由になっても生活がしやすいように家の設備を変えていきます。
これを「バリアフリー」と言います。

しかし、賃貸の場合は当初の設備を変えていく事が難しいです。
持ち家であれば、自由に設備を変えていく事が出来ます。

老後に家を「購入」するデメリット

住宅ローンを組むことが難しい

冒頭でもお話しましたが、住宅ローンは定年までに完済することが望ましいです。
定年後は収入が減ることが多く、今までのように毎月の支払いは厳しくなります。

その為、老後に家を購入する場合は基本一括払いです。
若いころから、計画的に資金を貯めていく必要があります。

まとめ

老後の家の購入と売却について、メリット、デメリットを見てきました。
ここまでの解説で分かる通り、老後の家の売却はデメリットが多いです。

メリットとして、住宅ローンの支払いが終わることを書きましたが、売却すれば賃貸に住むことになりますので、結局賃貸費用が掛かります。

それ以外にも、引っ越し費用や家財の処分費用など結構掛かってきます。

私としては、老後の売却はあまり勧めません。
しかし、老後のライフスタイルの変化による住み替えは重要だと思っています。

老後になってからではなく、その前に老後の事を考えた住み替えをしておくことが一良いのではないでしょうか。

ここまでの話で、定年後も続く住宅ローンの支払いはリスクが高いことが分かります。

もし、若い方で住宅ローンの申し込みをする際は、出来るだけ定年までに完済できる期間に設定してください。
最近は、定年後も組める住宅ローンが増えてきました。

今回の記事は、老後の住み替えについて書いてきましたが、老後も支払いが続く住宅ローンの厳しさも合わせて伝えたいと書いたものです。
今は先の見えない世の中です。

住み替えの資金契約は、老後を踏まえた計画をしっかり行ってください。

経験豊富な不動産会社の担当に当たれば、先を見据えたアドバイスをしてくれるはずです。

信頼できる不動産会社に必ず相談するようにしましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の住み替え・買い替え > 老後に家を売る場合のメリットとデメリット。老後の家の売却・購入