おうちのミカタ 編集長

家の住み替え。売却と購入を同じ不動産会社に依頼する場合のメリットとデメリット

転勤で遠方への住み替えが決まった時、必ず迷うことがあります。

それは「遠方の物件も不動産会社は対応してくれるのかな?」ということです。

住み替えは、売却と購入で不動産会社を分けるべきか

売却と購入を平行して進める住み替えでは、不動産会社は同じところに依頼するのが一般的です。
住み替えでは、タイミングや資金計画が非常に重要になってきます。

内情を理解している不動産会社であれば、より適切な行動をとってもらえます。
手間をかけて分ける必要もありません。

では、遠方に転勤する場合の住み替えはどうでしょう。
このような場合は、同じ不動産会社が良いとは限りません。

まずは、同じ不動産会社を選ぶメリット・デメリットを解説していきます。

同じ不動産会社に依頼するメリット

ネットやチラシで宣伝する前の物件を紹介してもらえる可能性

不動産会社は、単独で売却の依頼を受ければ、出来るだけ自社のお客様を優先して物件の紹介をします。
これは、自社のお客様で契約する方が不動産会社にとって取り分が増える為です。

売却と購入を合わせて依頼すれば、優先して紹介してもらえることが多いです。

仲介手数料の交渉が有利

住み替えが完了すれば、仲介手数料の支払いがあります。
売却と購入で不動産会社を分ける分けないで、不動産会社の報酬に倍の差が出来てしまいます。

そのような理由で、不動産会社を分ければ報酬が下がることと同じなので、そこからの値引きは難しいと思います。

分けなければ倍の報酬が得られるため、交渉次第にはなりますが、値引きの可能性は上がります。

窓口が一つで、不動産会社も売却と購入のスケジュールが調整しやすい

窓口が一つで住むことは大きなメリットです。
住み替えでは必ず売却と購入を平行して進める必要があります。

売却と購入のスケジュールを調整して動く必要がある為、不動産会社が違えば変更がある度に、もう一方の不動産会社に自ら連絡する必要があります。

また、不動産会社は依頼を受けた側のことのみ考えますので、購入や売却が別の不動産会社であれば、そちらについてはアドバイスもほとんどないと思います。
不動産会社にとって、片方のみの依頼であれば、報酬も半分です。

そうなってしまうのも仕方ありません。
自ら主体となって売却と購入のスケジュールを調整していきましょう。

重要なタイミングは2つです。

・売却を先に進めた場合、引き渡しを終える前に新居の購入を済ませ、引っ越しをすませること。
スケジュールが合わなければ、仮住まいを用意しなければならない為、余分に引っ越し費用と家賃を負担することになります。

・購入を先に済ませた場合、新居の住宅ローンを開始するまでに、今の住宅を売却することが望ましいです。
できなければ、2重のローンを組むことになり、金銭的な負担は倍増します。

同じ不動産会社に依頼するデメリット

上記のメリットを考えれば、一つの不動産会社に売却と購入を合わせて依頼すべきです。
ただし、転勤などにより、遠方での物件購入の際は、購入エリアの不動産会社に依頼することをお勧めします。

理由としては、不動産会社は近隣エリアを得意とする為です。
不動産会社にとって、遠方地域の不動産情報については、ネットで検索できる程度の情報量しかないと思って下さい。

そもそも、不動産会社もそれは分かっていますので、遠方での物件購入を相談すれば、購入する物件のエリアで不動産会社を探すことを勧めてくると思います。

まとめ

売却と購入を一つの不動産会社に依頼するメリットとデメリットを解説してきました。
結果、一つの不動産会社に依頼することがお勧めです。
理由は「情報量の違い」です。

デメリットは、遠方での売却、購入でない限りありません。
遠方では、売買を行うエリアで不動産会社を探すことをお勧めします。

上記で説明したメリットが全て失われますが、それでも不動産会社を分けるべきです。
それほど、情報量の違いは大きなポイントになります。

大手の不動産会社と地元の不動産会社は、どちらが良いか質問を受けることが多いですが、希望する不動産売買のエリアに強い地元の不動産会社があれば、そちらをお勧めしますと伝えます。

これについても、情報量の多さで決めています。
大手の不動産会社は、総合的な情報量では勝りますが、地域限定で絞れば、話は変わってきます。

付け加えておきますが、地元に強い不動産会社があったとしても、それを判断するには、ホームページを見ただけでは難しいと思います。
かならず、不動産会社に出向き、地元エリアでの売買実績を確認して下さい。

また、担当者によっても経験値に大きな差がありますので、担当者の評価も合わせて行ってください。
もし、余裕があれば、複数の不動産会社に出向くことをお勧めします。

一つの不動産会社では、比較する対象がない為、判断することが出来ません。
ただ相性もありますので、自分がその担当者に依頼したいと思えばそれも良いと思います。

例え経験値が不足していたとしても、上司としっかり連携をとっている担当者であれば、問題ありません。
逆に、経験値豊富で、態度の悪い担当者は、依頼すれば後々必ず後悔することになりますので、気を付けて下さい。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の住み替え・買い替え > 家の住み替え。売却と購入を同じ不動産会社に依頼する場合のメリットとデメリット