【体験談】価格と住み心地のバランスを考えて築20年弱の中古マンションを購入

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

価格がお手頃な築20年弱の中古マンションを購入

2年前に中古マンションを購入したのですが、事前知識があまりなかったため随分と苦労しました。

色々な専門家にも相談はしたのですが、たまに頂戴したアドバイスに疑わしい内容のものがあったりして、結局は自分で勉強するしかないと感じたのを覚えています。

参考になるかは判りませんが、私なりに重視したポイントについてお話しさせてください。

まず私が購入の際に気を付けたことは、古過ぎず新し過ぎない部屋にしたことです。

これはどういう意味かと言いますと、マンションの価格は築年数が重なるほど安くなる傾向にあるものの、一定の年数を過ぎればそこまで大幅な値引きにはなりません。

ですから安さを期待して古い部屋を探しても、実は中程度の築年数とあまり価格が変わらないわけです。

そこで築20年弱の中古マンションにフォーカスして購入先を探しました。

共有スペースの管理体制や耐震基準なども重視

築年数を20年弱と条件を絞った後は、次に管理体制や災害への備えがどれだけできているのかに気を付けました。

管理体制は住人の共有スペース、つまりは郵便受けやエントランス、ホールなどを見れば一目瞭然です。

掃除ができているかどうかという点もそうですが、内装に手付かずになっている綻びはないかや、駐輪場や駐車場がマナー良く使われているかなども確認しました。

災害への備えに関しては、耐震性能や海抜の高さがどれくらいかといった部分です。

築年数がある程度経っていると、その間に耐震基準も様変わりしていますから、最新の基準に対して購入を検討しているマンションはどこまで満たせているのかを気にしました。

海抜は主に水害を意識してのことですが、やはり1階や2階は不安なのでなるべく避けて考えるのがおすすめかもしれません。

結構難しい言葉が並ぶので大変そうに聞こえますが、耐震基準は調べればインターネットからでも判りますし、いざ情報収集を始めると簡単でした。

仮にここに住んで災害が起きればどこに逃げればいいのかなど、ハザードマップも併用して吟味すると更に判りやすかったです。

お金の計算も苦労しました

次に難しかったことは、初期費用の計算でした。

新築と比べて中古のマンションは、仲介手数料が掛かります。

私は当初このことを安易に考えていたのですが、不動産会社によって結構な金額の差があり、気に入った部屋を見つけたと思ったら初期費用が高くて断念した経験もしたのです。

自分の経済力を考えての中古なのにも関わらず、結局費用が膨らんでしまっては本末転倒でしょう。
ローンの組み方もそうですが、部屋を見つけるよりも見つけてからのお金の計算に一番頭を悩ませたなと思っています。

【アドバイス】仲介業者の選び方に注意

この経験を基に、これから購入を考えている人には仲介業者の選び方に注意をしてもらいたいです。

ハッキリと言ってしまえば、かなりケチな不動産会社も結構います。
ケチとは金銭的な面だけとは限らず、情報の公開量やサービスの質のことも含まれるのです。

私も今回部屋を購入してみて、そこに至るまでに必要な情報は山のようにあるなと痛感しました。

例えば、その地域から見て本当にその価格相場は妥当なのかどうか、近隣の物件の取引実績や進捗状況なども、できるのであれば公開してもらうべきです。

そしてそれらを拒まれるようなことがあれば、何かこちらが損をするような秘密が隠されているのではと、そう疑うようにしてください。

中古物件の購入では何でもチェックしよう

仲介業者は沢山ありますから、無理に1社や2社に拘って依頼する必要はありません。
病気の診察でもセカンドオピニオンという言葉が使われますが、中古物件の購入でも同じことが言えるのではないでしょうか。

部屋の中を見る際には、自分なりのチェックポイントを作っておくのがおすすめです。住宅鑑定士を別に雇って、同行してもらうのもいいでしょう。

日当たりや風通しの良し悪し、床の軋みの有無など、基本的なことは素人でも確認できます。

しかし細かな汚れや臭いは、日頃から神経質で敏感な人でなければ気付けないかもしれません。

上下左右に住む人たちとの関係性も大切なので、トラブル歴も調査しておければ言うことはないでしょう。

気に入った部屋を選ぶのが先か、人間関係に関する安心感を先に得るかは購入者次第です。

私は最も重視したいポイントは何なのかを決めておき、それに基づいて行動すれば混乱しにくくなりました。

マンション管理組合の議事録

それと、これは購入をしてから知ったのですが、マンション管理組合の議事録を見せてもらえると信頼感が大幅に増します。

議事録にはそのマンションで起こった色々な出来事が記録されており、仲介業者にとって都合の悪いことも書かれていたりします。

必ずしも見せてくれるわけではないのですが、仮に見ることができれば住み始めた後のこともイメージしやすくなるかもしれません。
是非とも公開申請をして、見せてもらってください。

私は購入した部屋に住んでからも、もっとこうしておけば良かったということが沢山見つかりました。

簡単にできる買い物ではないからこそ、自分で動いて調べる労力は掛けなければいけません。
皆さんが後悔のない部屋選びができるよう、心から願っています。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(家の売却・査定) > 【体験談】価格と住み心地のバランスを考えて築20年弱の中古マンションを購入