【体験談】一戸建ての売却に踏み切ったものの、売れない状況が続いています。

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

最初は築2年の家を売却

結婚したころは賃貸アパートのようなところに住んでいましたが、二人目が生まれることが理由で一戸建ての家を購入しました。

注文住宅の新築で購入をしたのですが、長男が2歳3歳と大きくなるにつれわんぱくになってきて、家の前の道路を三輪車で飛ばすようになり、いくらやめさせようとしてもヒューッと行ってしまうのでした。

実は家の前は急な坂で一番下まで行くと良く車が通る道だったのですが、そこに行く前にある家の駐車場にきゅっと回ってまた上がってくるということをしていて、「いくら新築でもここにいれば長男が危険」ということで築2年以内の家を売ることにしました。

主人が購入した不動産屋と掛け合い、急ぎということもあり結局不動産が買い取るという形になりましたが、バブル崩壊前の時期だったので、購入した時とさほど変わらない値段で買ってもらえました。

そのお金でローンの残金を返し手、3人目がおなかにいたのでやはり次も一戸建てで、ということで価格が安めのもっと田舎の方で購入することになりました。

新興住宅地の一戸建てを購入

そこは新興住宅地で、同市内には同じような新興住宅地が複数ありました。

その中で一番明るく一番大きな住宅地での購入を決め、そこに引っ越した後3人目が生まれ、さらに2人子どもも授かり5人の子育てをしました。

同時期に家を建てた家庭が多く、我が家の子どもたちと同年代の子どもや同年代の親が多かったので、子どもたちも母親の私にとってもとても楽しく子育てができた家でした。

そこで30年近く過ごしましたが、子どもたちは次々出ていき独り暮らしや結婚生活をはじめ、夫婦と犬だけの生活になりました。

それでも友人もいて楽しく過ごしていたのですが、そこは車がないと買い物にも行けなかった場所で、それまでは車の運転も市内ならできていたところ、同じ市内でもできないくらい車に乗ると脱力感や眠気に襲われる症状に見舞われるようになりました。

バスも買い物に行くようなところまで行ってくれず、ちょっと不便に感じるようになってきたのです。

主人の仕事の関係で一戸建てを売ることに

そんな時に主人が仕事の都合で、別の地域に行くことになりました。

そのほかの事情もあり、私も主人も犬と共に一戸建ての家から離れることになりました。
それでも30年近く住んで5人子育てをした家なので、時々帰ってこられるように置いたままにしていました。

初めのころはたびたび帰っていたのですが、月日が経つにつれあまり帰らなくなってきたのです。

「家は放置すると劣化してしまうし、もう帰ることはないかも」ということになったので、売ることに決めました。

売るとなればまず査定依頼しようと負いうことになりましたが、インターネットで調べると一括査定が良いと書かれていたので、それに住所や築年数、坪数などの必要事項を入れて査定の依頼をしました。

しかし、その場所は不動産業者の数も多くなく、高い査定額をしてくれるところを選ぶというほどでもなかったと記憶しています。

結局3社くらいで、その中でも1社は買取り専門でした。
急ぎで売るわけではないので、不動産業者が購入するよりも購入者を広く探してくれる他の2社に詳しい査定を依頼しました。

日程を決めて現地に来てもらい、家の中を見てもらいました。
そして2社の中で高く見積もってもらった方の業者と専属契約を結び、売却を依頼したのです。

地元の新聞等でチラシを出してもらい、早々若い夫婦が内見に来られて気に入ったようだったという連絡を受けましたが、結局転職して間がなかったのでローンが組めなかったということで購入には至らず、また宣伝を続けてくれていました。

ところがそのあとは誰もなく3か月が過ぎ契約更新になりました。

しかし、その業者は内見のこともすぐに連絡をくれたわけでなく、こちらから状況を聞いたときに教えてくれただけで、定期的な報告もなかったということがあったので、その業者とは3か月で契約終了して、別の業者に委託をしました。

するとチラシだけでなくオープンハウスも行ってくれていたようです。
しかしそれも見学者がなく、売却を依頼して1年以上経過した今はさらにもう1社にも委託をしていますが、ほとんど内見の情報もありません。

しかし両社とも「値段はそのままでいいです」とか「店頭で紹介しましたが成果はありません」などと定期的に情報をもらえるし、宣伝も続けてくれているので、今はまだ売却活動の継続中です。

宣伝を続けても売れない状況が続く

だんだん人口も減り売却物件が増えてくる地域なので、今後も売れる可能性は低いのですが、引き続き2社に委託をして様子を見ていこうと思います。

しかし買い手が見つかって売買契約をするまではうちの家なので、時々換気をしたり庭の草引ききをするために私たちもできるだけ家の状態が保てるようにしなければいけません。

何か進展があれば主人のところに電話がかかってくると思うのですが、今のところはまだそれもなく、「紹介をしましたが具体的な成果はありません」という連絡票を受け取るだけなので「あの家はそんなに嫌われているのか」と少しむなしいですが、気長に待つことにします。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(家の売却・査定) > 【体験談】一戸建ての売却に踏み切ったものの、売れない状況が続いています。