おうちのミカタ 編集長

その不動産仲介業者は信頼できる?宅地建物取引業者名簿や免許書番号でチェック

家を売却する時にまず大事なのが、きちんとした不動産仲介業者に任せることです。

不動産会社といっても、大規模な開発をメインの仕事にしていたり、賃貸をメインにしている会社など様々です。
マンションや一戸建てを売る場合は、売買をメインの仕事にしている「不動産仲介業者」に任せることをおすすめします。

ただ、駅前などを想像してもらえるとよいのですが、不動産仲介業者といっても数えきれないほど多くの会社があります。

それでは、どういった会社が信頼できるきちんとした会社かというと、ある程度は会社情報などを確認することで一定の水準にあるかどうかをチェックすることが可能です。

免許書番号で会社の歴史が分かる

不動産会社の歴史は、免許書番号を確認すると分かります。

免許の確認というと、なかなか調べることができないようなイメージがありますが、不動産会社の場合はホームページやチラシなどで簡単に確認することができます。

みなさんも何度か目にされたことがあるかと思いますが、不動産会社の免許書番号は以下のような記載になっています。

  • 東京都知事(2)第○○○○号
  • 神奈川県知事(5)第○○○○号
  • 国土交通大臣(2)第○○○○号

この免許を見て確認しておきたい箇所は、カッコの中の数字になります。

上の例でいうと、(2)や(5)の部分になります。

このカッコ内の数字にどのような意味があるかというと、更新回数を表しています。

宅地建物取引業を行う不動産会社は、5年ごとに免許を更新することになっているため、数字が大きければ大きいほど歴史のある会社ということになります。

逆に(1)となっている会社は、宅地建物取引業を始めて数年以内の若い会社ということがいえます。

ちなみに、現在は5年に一度の更新ですが、1996年度より前は3年に一度となっていました。

それ以外にも「第○○○○号」という箇所もありますが、この部分は特に気にする必要はありません。

都道府県知事または国土交通大臣の違いについて

また、不動産会社の免許書番号には宅地建物取引業を行う都道府県名が記載されています。

東京都で宅地建物取引業をしている場合は、東京都知事となっています。

なかには、都道府県知事の部分が「国土交通大臣」となっている会社もあります。
なんとなく、知事より大臣の方が偉そうなので格上の免許のように感じるかもしれませんね。

でも、これについては2つ以上の都道府県で宅地建物取引業を行う場合には「国土交通大臣」の免許になるというだけなので、どちらが格上といったものではありません。

カッコ内の数字だけでは分からない部分も

カッコ内の数字は更新回数を表していますが、実は完璧に会社の歴史の長さを表しているわけではありません。

例えば、東京都で20年以上、不動産売買を行っている歴史のある会社であったとしても、神奈川県で宅地建物取引業を行う場合には、新たに「国土交通大臣」の免許をとり直すことになり、カッコ内の数字は最初の(1)にリセットされます。

そのため、歴史の長い会社であっても設立したばかりの若い会社に見えてしまうケースがありますので、会社のホームページなどで「沿革」を確認するのもおすすめです。

免許の更新回数だけを見るのは要注意

以上のとおり、不動産会社の「宅地建物取引業免許」をチェックすれば、更新回数を知ることができます。

宅地建物取引業免許は、5年ごとに更新しなければならず、免許を受けるにはいろいろな規定をクリアしていなければなりません。

明らかに問題のある不動産会社は免許を更新することができなくなるため、そういう意味では更新回数が多いのは信頼の証といえます。

ただ、あくまでも不動産の売買を依頼する時は、その会社の担当者さんがどういう人かが重要になりますので、更新回数の多さだけを重視しないことが大切です。

更新回数が多いということは、例えば、かなり年配の方が1人で営業している場合もあります。

そうなると組織的な動きは期待できず、さらにその方がパソコン作業も苦手な場合には、売却を任せるのに不安を感じるかもしれません。

そのため、宅地建物取引業の更新回数だけを盲目的に重視せず、会社の信頼度をチェックする一つの要素ということに留めておきましょう。

業者名簿で経営実態や行政処分の有無が分かる

不動産会社の会社の実態を知る方法として、「宅地建物取引業者名簿」を確認するという方法があります。

この業者名簿を閲覧すれば、役員の名前や他にどういった事業をしているかなども分かりますが、特に重要なのは「過去の行政処分の状況」を知ることができる点です。

これから家の売却を依頼しようとしている会社が、以前に問題を起こしたことがあるというウワサを聞いたことがある人は、この業者名簿を見ればその噂が本当かどうかを確認することができます。

宅地建物取引業者名簿を閲覧する方法

「宅地建物取引業者名簿」は、都道府県の担当部署、または国土交通省(地方整備局)で閲覧することが可能です。

宅地建物取引業免許が都道府県知事になっている場合は、その都道府県の担当部署で確認できます。

また、免許が国土交通大臣の場合は、都道府県の担当部署だけでなく、その会社の管轄エリアにある地方整備局(国土交通省の出先機関)でも閲覧が可能です。

加盟団体を確認

その不動産会社が信頼できるかどうかをチェックする方法として、団体にきちんと加盟しているかどうかを確認するという方法もあります。

現在、不動産流通業界では4つの団体が存在しており、以下の4つになります。

これら4つの何れかの団体に入っているかどうかも信頼性を確認できる要素といえます。
ちなみに、この4つの団体に優劣はありません。

加盟団体は広告や会社のホームページで確認できる

不動産仲介業者がきちんと団体に加盟しているかどうかを確認する方法は、その会社のホームページやチラシなどの広告を見れば分かります。

通常は、目立つ場所や会社概要の箇所、宅地建物取引業免許番号の近くに記載があると思います。

まとめ

以上が不動産会社の信頼度を簡易的にチェックする方法になりますが、売却を依頼する場合は、その会社の担当者さんのスキルや人柄なども重要です。

不動産の売却は人生でそんなに経験することではありませんが、とても大きなお金が動く取引になります。
売却を任せる場合は、できるだけ多面的に会社と担当者さんをチェックして、本当に信頼できると思える会社に依頼するようにしましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 不動産会社の選び方 > その不動産仲介業者は信頼できる?宅地建物取引業者名簿や免許書番号でチェック