おうちのミカタ 編集長

老後の住み替えのポイント(戸建て住宅からマンションへの住み替え)

老後の住み替えは、体の事を考えて物件選びをすることが大切です。
物件の価格は通常、駅近・築浅であるほど高くなります。

しかし、老後はそれよりも機能性を重視した方が住みやすいと思います。
その点では、マンションは戸建てより、同じ予算であれば機能性が優れていることが多いです。

もし、戸建てに不便を感じているようでしたら、マンションへの住み替えを検討されてはいかがでしょう。
ここでは、マンションの特徴を戸建てと比較しながら説明していきます。

併せて、マンションと戸建てで、体にかかる負担の違いを説明していきます。

マンションの特徴

ワンフロアで階段がない為、膝への負担が減る

年齢を重ねれば必ず、体は衰えていきます。
体を鍛えて対応することにも限界がきます。

例えば、朝起きた時の体の疲れは、寝具を変えることによって改善することが多いです。
もし、家の階段の登り降りで膝に痛みが出ていれば、環境を変えることが一番です。

マンションに住み替えれば、膝の痛みは大きく減ります。
戸建てで改善しようとすれば、階段に手すりをつけるしかありません。

また、てすりをつけることは落下の防止に繋がります。
その為、膝が痛くなくても手すりをつけることを強くおすすめします。

ただ膝に問題がなければ、階段は良い運動になります。
マンションの場合、例えばゴミ出しの時はエレベーターを利用せずに、非常階段を使って運動ができます。

非常階段でしたら、必ず手すりがついているので問題ありません。
それから、将来介護が必要になった時は、マンションの方が有利です。

介護の事を考えてマンションに住み替える方も少なくありません。

断熱性が高いため温かい

マンションは戸建てに比べて結構温かいです。
これだけでもマンションに住み替えるメリットと言えます。

体の熱を作るのは筋肉です。
歳を重ねれば筋肉が減るため、どうしても寒さに弱くなります。

その分温かくする必要があるため、戸建てでは余計に光熱費がかかります。
対策としては、服を多く着込むしかありません。

体が冷えると免疫も弱くなるため、風邪も引きやすくなります。

隣接する部屋への気遣いが必要

老後に多くなるのは、子供ではなく孫の足音です。
戸建てでは気にならなかった事でも、マンションでは気にする必要があります。

泣き声も同じです。
子供が泣くことも仕方ない事ですが、それでも気を使ってしまう為、心労が多くなります。

逆に隣接する部屋がうるさいことも当然あります。
最悪な場合、就寝時間にうるさい事で、不眠になるケースも少なくありません。

また、音が関係するのが隣接する部屋だけとは限りません。
マンションは音が反響する為、隣接していない部屋から音が聞こえることもあります。

戸建てでもマンションでも隣人トラブルはいつ起こるか分かりません。
購入する前に、騒音のクレームの有無などはしっかり確認しておきましょう。

場所選び

老後の場所選びは、以前住んでいた場所の近くをお勧めします。
住み慣れた場所の方が駅近よりも重要だという声はよく聞きます。

実際、駅よりバスを使うことが多く、また近くのスーパーを利用する為、駅近はあまり関係ありません。
ただし、駅近のほうがマンションの価値が下がりづらいです。

やはり駅近の方がより良いことは否定できません。

セキュリティ面の向上

オートロック、防犯カメラや管理人の有無、2階以上によっても変わりますが、戸建てよりマンションの方がセキュリティ面は高いです。

戸建てでは防犯カメラも自分で導入しなければなりません。
またマンションは、居住者の出入りもある為、それも防犯に繋がります。

管理会社や設備の充実

共有部分は管理会社が管理をしていますので、掃除の手間がありません。
また、生活する中でトラブルが起きても、管理会社に連絡を取る事で対応してもらえます。

戸建ての場合は、まずはどこに連絡を取ればいいかを調べる必要があります。
費用面でもマンションの場合は、助かる場面が多いです。

また、1階にコンビニがあるマンションもある為、移動が困難な老後には重要です。また、バリアフリー対応の有無も重要です。

歳を取ると足を上げることも大変になりますので、少しの段差も苦になってきます。
もしもの時のことを考え、車椅子でも問題ないかなども、検討材料にしましょう。

他にも、24時間ゴミ出し可であったり、宅配ボックスがあります。
この2つは、老後でなくても助かります。

忙しい朝、ゴミ出しがいけない時もありますので、気軽に夜にゴミが出せるのは嬉しいところです。
宅配ボックスは特に重要です。

老後はどうしても足腰が弱くなる為、外へ出ることが大変になります。
その為、ネットショップの活用が多くなります。

宅配待ちで外に出かけられないことが増えてきますので、宅配ボックスは非常に助かります。

毎月の費用

管理会社は非常に助かりますが、当然毎月の費用がかかります。
管理費や修繕積立金、駐車場代などです。

修繕積立金は、10年から15年周期で行われる「大規模修繕工事」の積立金です。
では戸建ての方が費用がかからないかと言われれば、そんなことはありません。

むしろ戸建ての方が家の修繕費用がかかることが多いです。
突然の出費にびっくりすることもあります。

ここで気をつけなければいけないのが、マンションの戸数は大事です。
戸数の少ないマンションは、修繕積立金の大幅な値上がりの可能性が高くなります。

また、戸数の多いマンションの方が造りもしっかりしています。
戸数の少ないマンションは、よく検討して購入された方が賢明です。

最後に

いかがでしたでしょうか。
戸建てからマンションに住みかえるメリットはたくさんあります。

もしご興味を持たれている方がいらっっしゃいましたら、一旦、現在住まわれている戸建ての査定をしてみてはいかがでしょう。
特に今の時期は、一概には言えませんが想像より高い資産価値が提示されることが多いです。

資産価値をしっかり把握することで、今後の方針も変わってきます。
より良い老後のためにも、できる時に動いておくことが大切です。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 住み替えのポイント > 老後の住み替えのポイント(戸建て住宅からマンションへの住み替え)