おうちのミカタ 編集長

失敗しない不動産の住み替えの順番。家の売却が先?購入が先?

売却と購入、どちらも意識しないといけない住み替え

住み替えは、売却と購入を同時にしなければならず、タイミングを失敗すれば大きな損失を招きます。

住み替えで悩みやすいことは、売却と購入のどちらを先にするかだと思いますが、売却を先に行う方が多いのではないでしょうか。

資金計画が立てやすく、売却額が多くなればその分購入の資金に回せるため、メリットが多いからです。
その為、まずは売却に力を注ぎますが、買い手が見つかった時には一段落です。

しかし買い手が見つかれば、急いで購入物件を探さなければなりません。
そこで焦って物件を選んでしまい、新居が望むモノではなかった場合は後悔してしまいます。

どんなに売却がうまくいって高く売却できたとしても、購入活動を疎かにしてしまえば、結局住み替え事態が良くなかったことになります。

売り先行と買い先行

売却を先にすることを「売り先行」、購入を先にすることを「買い先行」と言います。
まずは、売り先行と買い先行の特徴ついて説明していきます。

家を先に売るのが「売り先行」

冒頭で、売り先行は資金計画が立てやすいとお伝えしましたので、理由を説明します。

一般的に、住み替えでは売却資金を購入資金に当てることが多いと思います。

売り先行では、実際の売却額が分かる為、購入に当てられる資金がはっきりする為です。

また、売却活動に時間が掛けられるため、より高い価格での売却を目指せます。

ただし、部屋を空室にできないため、内見では不利になります。
買い手は、部屋の隅々まで確認したいものです。

しかし、空室でなければ気を遣ってしまい、そうもいきません。
家財や荷物もあるので、部屋が狭く感じる点もよくありません。

そう言った理由から、部屋の価値を低く見られ、値下げを希望されることもあります。

家を先に買うのが「買い先行」

買い先行は、購入に時間が掛けられることが、最大のメリットです。
部屋を開けられるため、空室にして住宅を売りに出せることも重要です。

問題は、資金的にある程度余裕がなければ厳しいことです。
住宅ローンが残っていれば、購入する物件のローンと二重になってしまいます。

当然ですが、住宅ローンの審査も厳しくなります。

現在の事情に合わせて住み替えすることが大切

現在、資金的に余裕がなければ、売却を先にする方が無難です。
売却資金を購入費用に回せるため、資金的に余裕が生まれます。

住宅ローンを売却額で完済できれば、購入する物件の住宅ローンの審査が通りやすくなることも見逃せません。

ただし、どんなに良い売却ができても、購入する物件に失敗すれば結局後悔します。

売却を先にすれば、必ず購入物件を急いで探すことになります。
後悔しない住み替えを行うポイントは「焦って物件を購入しない」ことです。

もし、経済的余裕があるのならば、迷わず「買い先行」でいきましょう。
時間をかけて購入物件を探せますし、売却についても余裕を持って買い手を探せます。

売り先行の場合でも、初めから仮住まいに住むことを計画しておく方法も悪くありません。

余計な出費に思われるかもしれませんが、住み替えはとても大きな資金が動きます。

本来、じっくり時間をかけて行うべきです。

売却は不動産会社に任せて、購入活動を全力で

物件の良し悪しは、人それぞれです。
当然ですが、購入する物件を気にいるかどうかは、自分にしか分かりません。

その為、自ら多くの物件を見て購入する物件を探すことが大切です。
しかし、売却は違います。

とにかく早く、高く売却できれば問題ありません。
物件を売りに出して、実際に売主にできることは、部屋を綺麗に見せることぐらいです。

売却活動は、不動産会社が行います。
ここが大切なポイントですが、不動産会社によって、売却の結果は大きく変わります。

全く売れない時期が続いている時に、他の不動産会社に変えて、価格も変えずに売りに出したところ、すぐに売れたというお話は珍しくありません。

複数の不動産会社に査定を依頼することからスタート

住み替えでは、信頼できる不動産会社を見つけることがとても大切です。

そのためにも、まずは複数の不動産会社に査定を依頼してみましょう。

かと言って、一つ一つ不動産会社を回ることは止めましょう。
そのような時間があれば購入する物件探しに力を入れるべきです.

効率的な方法は「一括査定サイト」を利用です。
こちらは、簡単な登録で複数の不動産会社に査定依頼を出すことできます。

後日、複数の不動産会社に、部屋を見せたり査定の結果報告を受けたりとやりとりを交わします。

その時のレスポンスの速さ、査定報告の内容などから、ある程度の差がついてくるはずです。

担当者との相性もありますが、総合的に見て、信頼できる不動産会社を選びましょう。

単に、大手の不動産会社だからという選び方は危険です。
地元の不動産会社でも、得意なエリアでは勝ることもあります。

また、担当者によっても差が出ます。
実際は良い不動産会社だったとしても、担当者が良くなければ他を当たるか、他の担当者に変えてもらうしかありません。

信頼できる不動産会社が見つかれば、売却は安心です。
売却については、不動産会社に頑張ってもらい、購入する物件探しに出来るだけ力を入れましょう。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の住み替え・買い替え > 失敗しない不動産の住み替えの順番。家の売却が先?購入が先?