おうちのミカタ 編集長

マンションから一戸建てに住み替える時に知っておきたいポイント

マンションから一戸建てに住み替え

マンションから一戸建てに住み替えを検討されている方から、以下のような理由をよく聞きます。

  • 広い庭付きの一戸建てに住みたい
  • 隣室の騒音から解放されたい
  • ペットを気兼ねなく飼いたい

今回は、資金計画と、マンションから一戸建てに住み替える際のメリット、デメリットを説明していきます。

資金計画

住替えを検討されている場合、まずは資金計画を立てる事が大切です。
資金計画の立て方を手順に沿って説明します。

住宅ローンの残債を確認

住宅ローンの残債は、マンションを売却する時に、いくらで売りに出すかの目安になります。
残債を超える売却額であれば、購入資金に当てることができます。

残債に届かなければ、預貯金でその分を支払うか、住み替えローンを利用する必要があります。
住み替えローンでは、現在の住宅ローンの残債を購入する住宅ローンに上乗せして借りることができます。

当然、借りる額が増えますので、毎月の支払額、返済期間が伸びます。
今の返済額でも生活が苦しいようでしたら、預貯金が貯まるまで、住み替えの時期を伸ばした方が賢明です。

査定額を確認

住宅ローンの残債を確認した後は、マンションの査定額を知る必要があります。
査定は、地元の不動産会社でも大手の不動産会社でも依頼ができます。

どちらが良いかは、一概には言えません。
得意のエリアによっては、地元の不動産会社の方が有利ですが、そうでなければ、大手の不動産会社の方が無難です。

また、同じ不動産会社でも担当者によって経験値に差がありますし、相性もあります。
どちらにしろ、一つ相談に行った先で住み替えの依頼を出すことは早計と言えます。

お勧めは「マンション一括査定サイト」を利用し、複数の不動産会社から選ぶ方法です。
簡単な情報の入力で、すぐに複数の不動産会社から返事がきます。

各不動産会社に査定依頼を出すことで、適正な査定額を知ることが出来ますし、担当者の対応方法で信頼できる人かどうか確認できます。

不動産会社選びは、誰もが悩み、一番大切ともいえるところです。
しっかり吟味して選ぶようにしましょう。

毎月の返済額

より良い生活の為に住み替えをして、その後の生活が苦しくなれば本末転倒です。
毎月の返済額は、必要な費用を差し引いて計算する必要があります。

特に養育費は、大きな費用です。
子供の成長に合わせて、毎月いくらの出費が掛かるかよく考えましょう。

住み替えは、急な転勤等でやむを得ず行うこともあります。
まだ十分な資金がたまっていなければ、無茶なローンを組むことにもなりかねないです。

そういう時に頼れるのは、親の援助です。
しかし、親の援助を行う場合、一定額を超えると贈与税がかかります。

一定額までなら、贈与税は非課税になります。
また、住宅の種類によっても変わってきます。

非課税枠は、年によって変わってきますので、必ず新しい情報を得るようにしてください。

返済期間

近年「頭金0円」で住宅ローンを借りれるという広告をよく見かけます。
他にも、80歳まで借りれるなど長期の住宅ローンもあります。

頭金が0円なら、毎月の返済額は大きくなりますし、返済期間も伸びます。
返済期間については、定年までが望ましいです。

定年後も返済期間が続く場合は、資金計画をより細かくするようにしてください。
よく「退職金で完済する」という言葉を聞きますが、今の時代、当てにするのはリスクが高いかもしれません。

一戸建てに住み替えるメリット

維持費が掛からない

マンションは毎月「修繕積立金」を支払う必要があります。
また、駐車場代、駐輪場代などもかかります。

特にタワーマンションの場合は、毎月の管理費がかなり高いです。
そして、古くなれば維持費が高くなることも注意が必要です。

一方、一戸建ての場合は、維持費の支払いがありません。

部屋の広さ

同じ価格帯であれば、マンションより大きな家に住むことが可能です。
部屋数も多くなるので、子供が出来れば、将来部屋を与えてあげることもできます。

隣室トラブル

マンションで一番よく起こることが、隣室トラブルです。
子供が出来れば、どうしても大きな音を立ててしまうことがあります。

一戸建てであれば、隣室への気遣いに悩まされない生活が出来ます。

一戸建てに住み替えるデメリット

修繕費用

一戸建ての場合、修繕積立金の支払いはありませんが、何か故障した場合は、自ら業者に連絡をして修理の依頼をします。
毎月の支払いがなくても、急な出費に対処できるように、修繕費用の積み立てを行うことが望ましいです。

光熱費

マンションの場合、家族がリビングに集まることが多いですが、一戸建ての場合は、各部屋で過ごすことが多くなりやすいです。
その為、各部屋にエアコンを付けたりするので、光熱費が高くなることは仕方ありません。

セキュリティ

マンションの場合は、オートロックや、管理さんの常駐によりセキュリティは高いと言えます。
また、窓数も増える為、空き巣に狙われやすいです。

防犯対策は、しっかりするようにしてください。

まとめ

今回は、一戸建てに住み替えるメリット、デメリットをお話しましたが、マンションはそれが逆になることが多いです。
マンションと一戸建ては、どちらが良いかよく聞かれますが、正直難しい質問です。

自分の望んでいることが、どちらがより満たされるかで選べば良いと思います。
資金計画については、しっかり立てましょう。

資金計画の立て方が、一番今後の生活に影響してくることです。
最終的には、不動産会社の担当者とよく話し合って、住み替えをしていく事が大切です。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の住み替え・買い替え > マンションから一戸建てに住み替える時に知っておきたいポイント