おうちのミカタ 編集長

住み替えで大切な「資金計画」のポイント。住宅ローンの注意点は?

不動産会社に相談する前に

住み替えを不動産会社に相談する前は、家族とよく話し合いを進められてきたと思います。
話し合いで不安に感じることは、以下の内容が多いのではないでしょうか。

「資金計画」です。

こちらの質問は、大変よく受けます。
多く受ける質問のため、今回は「資金計画」の大切なポイントをまとめました。

現在、住み替えを考えている方に向けて、参考に出来るような内容にしました。
不動産会社で住み替えを依頼して、終わった後に「こうしておけば、もっと良かった」という後悔を残さない為にも、しっかりゆずれないポイントを固めておいて下さい。

不動産会社に依頼をすれは、後は全部やってもらえるという他人任せが、一番失敗しやすい原因です。
依頼をした後も、自ら主体的に動くことが大切です。

資金計画

前述のように、住み替えで一番大切なことは「資金計画」です。
無理な住み替えは、今後の生活に支障をきたし、必ず後悔します。

まずは資金計画で大切なポイントを説明していきます。

無理な住宅ローンを組まない事

近年、住宅ローンを組むときに「頭金なし」で、預貯金がなくても手軽に住み替えができるという宣伝が多くなりました。
また、夫婦共働きが増えてきた昨今、収入合算により、より多くの住宅ローンを借りる人が増えてきました。

金利の著しい低下も、住み替えに踏み出しやすい要因になっています。
これらを踏まえると、住み替えが以前よりし易くなったのは間違いないです。

住宅ローンの借り入れ額を計算するときは、収入の5倍が目安になります。
夫婦共働きであれば、収入は合算して計算され、より多くの住宅ローンが組めます。

しかし、多額の住宅ローンを組むという事は、毎月の返済額、返済期間が伸びます。
気を付けて頂きたいのは、収入合算で借りた場合、今後も夫婦共働きであることが前提の借入額です。

今の時代は、会社がいつ倒産になってもおかしくありません。
身体を壊して働けなくなることもあります。

子供が産まれれば、状況も変わります。
今は、保育園の不足により、待機児童が増えてきました。

入園を断られてしまった場合、子供を育てながらの共働きは厳しいです。

今は、育児休暇の取りやすい会社が増えてきましたが、全ての会社がそうではありません。
不景気が続く今、会社の福利厚生も変わる可能性が高いです。

このような理由から、いくら収入合算で多額の住宅ローンが組めるとしても、安易に借り入れないことです。

住宅ローンは、収入の4倍であれば、比較的楽に返済ができます。
住み替えがし易くなったとしても、今の時代こそ、住宅ローンは厳しい目で見ていくことが大切です。

無理な返済期間を設定しない事

基本、住宅ローンは定年を迎える60歳~65歳までに完済する計画が望ましいと言われています。
80歳まで組めるローンもありますが、これはお勧めしません。

よく「退職金で一括返済できるから大丈夫」とも言われますが、昔のように、多額の退職金がもらえる会社も減ってきました。
もし、予定していた退職金がもらえなければ、大変なことになります。

さらに、年金の受給額も確実に少なくなります。
80歳までの住宅ローンを組むことは、非常に危険だと言えます。

もし、繰り上げ返済を考えられている場合は、より資金計画を細かく考えて下さい。
生活をしていれば、予想だにしない出費がかかることがあります。

「子供の養育費」「突然の倒産による転職」「体の不調による退職」など考えれば切りがありませんが。
代表的なことでは、家の修繕費です。

特に、一戸建ての場合「こんなに維持費が掛かるとは思わなかった」とよく聞きます。
マンションは修繕積立金など、毎月積み立てをしていますので、その点は少し安心できます。

ただしマンションの場合は、急な修繕積立金の値上げなどがありますので、ご注意ください。
特に戸数の少ないマンションほど、その傾向が高いです。

まとめ

大切なポイントは「資金計画です」
資金計画で大きく影響するのが、住宅ローンの「借入額」「毎月の返済額」返済期間」です。

住宅ローンは、老後のことまで考えて、無理なく返済していく事が出来るかが重要です。
返済期間が定年を超える場合は、より厳しく考えて下さい。

定年前でも、今は世の中の状況が大きく変わってきてます。
今の状態が当然のように続くとは考えないでください。

以上の内容について、家族でしっかり話し合いをして、不動産会社に相談に行きましょう。
なぜなら、担当者によって、アドバイスは全く変わってくるからです。

経験の少ない担当者であれば、将来を見越した資金計画のアドバイスは難しいです。
経験豊富な担当者でも、時期によっては、売却や購入を急がせ、無理な資金計画を立てることもあります。

担当者で左右されない為にも、しっかり自分の中で、資金計画を立てましょう。
そうすれば、良くない担当者に当たっても、すぐに担当者を変えたほうが良いという判断ができます。

最後に、不動産の購入は大きな買い物の為、細かい計算に疎くなることが多いです。
細かい数字まで良く把握して、取引を行うように注意してください。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 家の住み替え・買い替え > 住み替えで大切な「資金計画」のポイント。住宅ローンの注意点は?