不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



引っ越しはいつまでにしておけばいいの? 不動産の売却

不動産を売ったら、その不動産には住めなくなりますので引っ越しをしなければなりません。

でも通常は、正式に売却が完了するまで早くても3ヶ月はかかりますし、すぐに売れない場合は半年ぐらい時間がかかります。

そのため、いつ引っ越しをしておけばいいのか悩まれると思います。

そこで、不動産を売る際の引っ越しのタイミングについてご案内します。

引っ越しは「物件の引き渡し」の前までに

売却する物件に住んでいる場合は、引っ越しは「物件の引き渡し」の前までにしておく必要があります。

ただ、物件の引き渡しの前までといっても、物件の引き渡しの前日のような直前は避けるようにしましょう。

実際には、代金の支払いや物件の引き渡しが可能になった段階で、事前に売主と買主、そして不動産会社の担当者による「物件の最終確認」があります。
この「物件の最終確認」で、境界を確認したり、室内に物が残っていないかなどをチェックします。

そのため、この段階では引っ越しが完了しておくことが望ましいです。

ただし、一般的ではありませんが「引き渡し猶予」という方法を利用すれば、買主から代金を全て受け取った後に引っ越しをすることも可能です。

引渡し猶予とは?

引き渡し猶予とは、契約内容に特約を設けて、買主が代金を支払った後に売主が物件を引き渡す日を設定することです。

本来は、買主から代金の決済があった日に物件の引き渡しを行うことが一般的ですが、この引き渡し猶予では、買主が代金を支払った後に一定の期間を設けて物件を引き渡すことができます。

つまり、代金の決済と物件の引き渡しのあいだに日数を設ける特約が「引渡し猶予」となります。

通常、引き渡し猶予の期間は、数日から1週間ぐらいが一般的です。

引き渡し猶予が活用される背景としては、売主が家を買い替える際に、その新しい家の購入には「買主が支払う売買代金」で支払う場合などです。

ただし、引き渡し猶予といっても契約上は既に所有権は新しい買主に移っていますので、厳密にいうと、「売主は買主の家に居住させてもらっている」という状況です。

買主にとっては、引き渡し猶予はメリットがないため、売主から強引に特約を主張するのは控えておいた方がよいかもしれません。

また、引き渡し猶予期間中に、売主が新居を見つけられない場合や新しい家の住宅ローンの審査に落ちた場合などは、売却した家から出られずに買主に迷惑をかけてしまう恐れがあるため、引き渡し猶予の特約は慎重に検討する必要があります。

早めに引っ越しをした場合のメリットとデメリット

いま住んでいる家を売ろうと決心して、すぐに引っ越しをされる場合もあります。
その場合のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

引っ越しをしておくと、購入希望者が物件を内覧する場合も気にならないという点があります。

物件の内覧やオープンルームでは、知らない人がたくさん家の中に入ってきますが、引っ越しをしておけば空き家になっているので気になりません。

また、物件を空き家にして不動産会社の担当者にカギを渡しておけば、後は不動産会社の担当者が購入希望者を勝手に案内してくれますので、何も煩わしさはありません。

デメリット

早めに引っ越さない場合は、物件の内覧やオープンルームで知らない人が来る状態の中で、その家に住んでおくことになります。
家の中をじっくり見られますが、それも我慢する必要があります。

物件を探している人は気に入った物件を見つけると内覧したくなりますので、突然、内覧の予定が入るようになります。

そのため、常に家の中はキレイにしておく必要がありますし、週末などは内覧の希望も入りやすいため、外出の予定を入れるのは難しくなります。

また、もし早めに引っ越しを済ませておいたとしても、すぐに不動産が売れるとは限りません。
その場合には、なかなか売れない家を空き家にしたまま、新しい家に住んでおくという状況になり、場合によっては住宅ローンの支払いも二重になります。

引っ越しがギリギリになるのは危険

不動産の引き渡し直前まで、売却予定の家に住んでおくことは可能ですが注意も必要です。

例えば、戸建てやマンションの引っ越しは荷物も多くなりますので、春などの引っ越しシーズンと重なると引っ越し業者から断られてしまい、スケジュールが合わなくなってしまう場合もあります。

もし引っ越しができないままだと、「代金の決済・物件の引き渡し」の日程もずらさないといけなくなってしまい、買主にも迷惑をかけることになります。

そのため、不動産の売却では、引っ越しのタイミングも予定してスケジュールを組んでおくことが大切です。

不動産会社にまずは一括査定

不動産を売却することになったら、引っ越しのことまで心配しないといけませんので、早い段階で信頼できる不動産会社を見つけて相談できる体制を整えておくことが重要です。

不動産を探す際は、まずは査定を依頼することからがスタートとなりますので、「不動産の一括査定サイト」で複数の不動産会社に一括査定を依頼されると便利です。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

簡単・便利!複数の不動産会社に査定依頼!


不動産を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめ

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

「不動産会社を探されている方」や「不動産の価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。

私がお勧めする一括査定サイトは「イエウール」です。

無料の一括査定サイト【イエウール】

» 完全無料の不動産一括査定サイト【イエウール】

  • 最大6社に一括で査定依頼。かんたん入力で依頼も簡単。
  • 大手から地域密着型まで、売却実績が豊富な全国の優良不動産会社が参加。

» 一括査定サイトはこちら
(無料)

不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。