不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



北向きのマンションにはメリットが多い。逆に南向きにはデメリットも?!

マンションを購入したいと考えている人は、日当たりの良さも気にします。

一般的に、マンションでは「南向き」が人気ですが、だからといって誰もが南向きを探しているわけではありません。
実は、南向きのマンションにもデメリットがあります。

南向きのデメリットとは?

① 日差しが強い

これまでに南向きのマンションを借りたり購入した経験のある方は、不動産会社の方から「この物件は南向きなので、日当たりも良くてオススメです。」と言われたこともあるのではないでしょうか?

ただ、実際に住んでみると想像以上に日差しが強い場合があります。

そのため、部屋の温度が上がりやすく、夏になるとエアコンをつけていても、なかなか涼しくならない場合もあります。
西日ほどではありませんが、住んでいる階層や周辺の状態、季節などによっては、思っていた以上に部屋に日が入る場合があります。

そうなると、日当たりが良い物件を選んだはずが、結局カーテンで日が入るのを防ぐ結果となってしまいます。

② 床や家具が傷みやすくなる場合も

これも日差しと関係しますが、窓に近い家具や床のフローリングなどは日に焼けてしまう場合があります。

家具の場合は窓から離して日が当たらないようにすればよいのですが、床のフローリングなどはそういうわけにはいきません。
長期間、強い日差しに当たりすぎてしまうと、その部分だけ変色したり、剥げたような状態になる場合もあります。

もし、フローリングの張り替えとなると大変高額な出費になりますので、普段から注意しておく必要もあります。

③ 購入価格が高くなる

南向きは人気であるため、南向きのマンションを購入しようと思うと割高になってしまいます。

南向きにこだわっていない人にとっては、その物件が南向きというだけで購入価格が高いのは、なんだかもったいない気もしてしまいますね。

以上のように、一般的に人気のある「南向き」の物件にもデメリットがあります。

それでは、「北向き」の物件はどうでしょうか?
これから北向きのマンションのメリットとデメリットをご紹介します。

北向きのメリット

① マンションの購入価格が割安

一般的にマンションを購入する場合、北向きのマンションは、南向きよりも割安になります。

そのため少しでも安い物件を探している人にとって、「北向き」のマンションは狙い目の物件になります。

② 日差しが強くない

通常、北向きのマンションでは、強い日差しが部屋に入ってくることはないため、とても快適に生活することができます。

読書をしたり何か作業をしたり、勉強をしたりするときなども、日差しが入ってくると眩しくて集中できない場合もありますが、その点でも快適な状態を維持できます。

③ 明るさは感じられる

北向きだからといって暗いわけではありません。

もちろん立地や階層などによっても違いはありますが、通常、北向きであっても自然な明るさがあります。

北向きのデメリット

① 風通しが悪いとカビの問題がある

北向きのデメリットとしてよく言われるのが「カビ」の問題です

南向きの物件に比べると、湿気がこもりやすいため、窓も閉めきっていたりするとカビが生えやすくなってしまいます。

カビは見た目だけでなく健康も害するため、カビ対策はしっかり行う必要があります。

ただ、この「カビ」の問題については、換気などをして風通しの良い状態を保っていればカビを防ぐことが可能です。

また、それでも湿気が気になる場合は除湿機の使用もおすすめです。

② 売却価格は南向きに比べて安い

これは人気の度合いによるものですが、どうしても南向きの物件の方が高い値がつきやすい傾向はあります。

ただし、北向きのマンションだからといって、全く人気がないというわけではありません。

前述のとおり、北向きの物件には南向きの物件にはないメリットがありますので、北向きのマンションを探している人や、割安な物件を探している人にとっては、魅力的な物件として気に留めてもらうことができます。

そのような購入検討者と売却のタイミングが合えば、早めに買い手が見つかることも十分にあるといえます。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。