不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者



他の人に貸している戸建て住宅やマンション。高値では売りにくい場合も

居住用の不動産でも他の人に貸している場合があります。

使わないマンションなどであれば、人に貸していればその間は賃貸収入もあるので、とてもいいことです。

ただ、いざその不動産を売却しようとした時には、賃貸中であることがネックになってしまうことがあります。

賃貸中だと高値の売却が難しい

自分が住む予定で戸建て住宅やマンションを探している人にとっては、賃貸中の物件は選択肢から外れてしまいます。
その分、購入するターゲットを絞ってしまうことにもなります。

とりあえず購入しておいて、その人が退去するまで待っておこうと思う人はいませんので、賃貸中の物件はどうしても売りにくい物件となります。

賃貸中の物件は住宅ローンが利用できない

賃貸中の物件を購入する場合は、賃貸収入が発生しているため、住宅用ではなく投資用の物件として扱われます。

そのため、投資用不動産は住宅ローンが使えない物件となり、それもネックになってしまいます。

投資用の物件は、事業用ローンであれば組むことは可能ですが、事業用ローンの場合は全額融資されることはなく、また金利が高くなってしまいます。

高値で売るなら賃借人の退去後に売却する

賃貸中の居住用物件は、これから住みたいと考えている人には売ることができないため、どうしても売却価格は下がってしまいます。

そのため、高い金額で売りたい場合には、いま住んでいる賃借人が退去してから、売却することをオススメします。

退去については契約書を確認する

賃借人の退去については、貸主から提案することも可能です。

賃貸借契約書にその退去に関する記載があるはずですので、契約書にのっとって退去の手続きを行いましょう。

投資用不動産を探している人もいます

賃貸中の物件は、居住用の物件を探している人にとっては買う魅力がないものになりますが、投資用不動産を探している人からは選択肢に入ります。

そのため、そういう売り方でも良いと考えられている場合や住んでいる人の退去がなかなか難しい場合には、投資用不動産としての売却も考慮してよいかと思います。

また、テナントビルやアパート一棟などを売却する場合には、空室率が低い(空室が少ない)ほど収益性の高い物件となりますので、投資目的の買主にとっては空室率が低いほど魅力的な物件となります。

今回のお話はあくまでも自分で住むための住宅を探している買い手をターゲットにした場合となります。


不動産売却ガイド 編集者

不動産売却ガイド 編集者

不動産鑑定事務所での経験を活かし、読者の方へ不動産売買に関する役立つ情報をご提供できるよう努めています。