【体験談】新築一戸建てに住み替え。マンションを売却して購入資金に充てました

この記事は、実際に不動産の売買を経験された方の体験談になります。
これから売却や住み替えを検討されている方にとって、いろいろ参考になるかと思います。

自己紹介と住み替え理由

昨年の冬、2人目の子供が生まれました。
私は妻と子供2人で4人家族になりましたが、住んでいたマンションでは手狭になってしまいました。

「もっと大きな場所に住み替えよう」と妻と話し合った結果、住み替え活動がスタートしました。

売却したマンションの概要

  • 購入価格:3000万円
  • 残債:2000万円
  • 居住期間:5年
  • 築年数:10年
  • 間取り:2LDK
  • 駅から徒歩10分

マンションの住み替え依頼

私は妻と一緒に、地元の不動産会社へ住み替えの相談に行きました。
店に入ると、スーツをビシッと着こなしたベテラン風の男性が対応してくれました。

早速、住み替え希望であることを伝えると、売却する住まいの情報や住み替え先の希望条件などを聞いてくれました。
そして初めに決めることが、売却と購入どちらを先に行うかでした。

売り先行と買い先行

私達は、住み替えが初めてだった為、とりあえずそれぞれのメリット・デメリットを聞きました。

売り先行について

メリットは、売却資金が確定していることで、購入に当てられる予算の把握や今後の資金計画が立てられやすいことです。

デメリットは、引き渡しまでに、住み替え先に引っ越しを終わらせないといけないことです。
間に合わなければ、仮住まいを用意する必要があり、余計な費用が掛かることでです。

買い先行について

メリットは、空き家にして売り出すことができるので、成約率が上がることです。

デメリットは、購入資金を事前に用意する必要があります。
また、売却価格や時期がはっきりしない為、資金計画が狂う恐れがあります。

私達は、購入を先にして売却を焦るのが嫌だと思い、売却を先にすることにしました。

マンションの査定

私達は、余分な資金もあまりなく、売却額で購入資金をしっかりと把握したかった為、売り先行で進めることにします。

次はマンションの査定依頼です。
依頼したその日に、部屋の中を見てもらいました。

そして後日、査定報告を受ける為に不動産会社に向かいました。
査定額は「2000万円」です。

残債を完済できる査定額に、私は安心しました。
しかし妻は「他の不動産会社にも査定してもらった方がいいと思う」と、査定価格に納得していませんでした。

その日は査定報告を受けるだけで、帰宅しました。
翌日は妻が一人で、他の大手の不動産会社を回り、査定依頼をしてきました。

部屋の中も見てもらったようです。
私は仕事で立ち会うことが出来ませんでした。

後日、2社の大手不動産会社から査定報告がありました。
価格は「2400万円」「2380万円」です。

私は査定報告を見てびっくりしました。
2社の内、妻の希望で「2380万円」の査定を出した大手不動産会社に売却依頼を出すことにしました。

どうも担当を気に入ったようです。
早速、その不動産会社に向かい「媒介契約」を結びました。

媒介契約には、複数に依頼できる契約もありましたが、妻が信頼している担当の不動産会社と「専任媒介契約」を結びました。

売却と同時に住み替え先探し

売却活動を始めると同時に、住み替え先の物件も見ていました。
まだ、マンションと一戸建てのどちらにするかも決まっていなかったため、どちらも探しました。

マンションの売却活動も調子が良く、内見も毎週1回はありましたので、すぐに売却できそうだと思い、住み替え先の内見も積極的に始めました。

いくつか内見をしている中で、ある新築一戸建てを気に入りました。
妻も非常に気に入っており、まだ売却はできていないのに購入を検討しました。

担当からは「売りに出たばっかりの新築一戸建てですが、正直すぐに買い手が現れると思います。」という言葉に焦り、購入の申し込みをしました。

予定が変わり、買い先行に

まさかの予定変更で、売却を焦り始めました。
しかし本当に運が良く、同時にマンションの買い手が現れました。

それでもスケジュールはかなり過密でした。
住宅ローンの審査時には、まだ売却ができていなかった為「マンションの売却」が条件につきました。

そして、ローンの決済前にマンションの売買契約書を見せることで、無事借りることができました。

引き渡しと入居

それからもタイトなスケジュールで、マンションの引き渡し直前に、何とか住み替え先に入居できました。

買い手は早目の引っ越しを希望していましたが、私たちの入居を待ってくださいました。

それなのに、売却の値下げ交渉もなく、本当に感謝しかありません。

最後に

住み替えを終えるまで、本当に過密なスケジュールになりました。

売却を先にして、仮住まいを用意しない程度に焦らず住み替え先を決める予定でしたが、中々予定通りにはいかないものです。

それでも、新築一戸建ては迷わず購入して良かったです。
本当に快適です。

また、妻に言われて査定も複数の不動産会社に依頼して助かりました。
あのまま売却をしてたら、400万円のマイナスでした。

当分、妻には頭が上がりません。
これからは、一つの情報を鵜呑みにしないように気をつけたいと思います。

おうちのミカタ編集長
家を売るなら、無料の一括査定サイトがおすすめです。

「不動産の売却を検討されている方」や「家の査定価格が気になる方」には、一括査定サイトがオススメです。

一括査定サイトでは、一度の入力で複数の不動産会社に一括で査定を依頼できますので、大変便利です。
私がお勧めする一括査定サイトは「リビンマッチ」です。

無料の一括査定サイト【リビンマッチ】

» 無料の不動産一括査定サイト【リビンマッチ】

複数の不動産会社に一括で査定依頼。最短45秒の簡単入力!
売却実績が豊富な優良不動産会社が参加しています。

TOP > 体験談(家の売却・査定) > 【体験談】新築一戸建てに住み替え。マンションを売却して購入資金に充てました